へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪悪!? と睨んだらとても!秋に起こりがちな調子不良、侮ってはいけません症状 病気

風邪悪!? と睨んだらとても!秋に起こりがちな調子不良、侮ってはいけません
これって、風邪悪ですか?アレルギーですか?
のど?おなか?肌にくる秋の不調にご説教!!

 
秋口に、コンコンと渇いた咳が続いたり、水っぽい嗅覚水が止まらなくなったり。こんな不調を「無料の風邪悪」とほうっておくのはご法度! 実は秋の花粉症だったり、咳ぜんそくなど思わぬ事態に発展している割合も。そこで、秋に起きやすい呼吸器や胃腸のごたごたの元でからセルフケアまでを解剖!
 









 
気温と湿度の低下で、胃腸の不調や感染症が
咳や嗅覚水、下痢……と、風邪悪のようだけど、なんだかハッキリしない不調が出やすい秋。これは気候の影響も大きいようです。そこで、気象医学の専門自宅、中部大学応用生物学部?須藤千春先生に伺ってみました。
「9月中旬以降になると気温がグッと低下し、夏に冷たいものをとりすぎていた人などは、食欲不振など夏バテの症状が出やすくなります。10月以降には湿度も低下し、朝晩の気温差が大きくなるため、上空は温かいのに地表付近は寒いいわゆる放射冷却で大気の層の対流が悪くなり、汚れた大気の層が停滞。その影響で、ぜんそくも出やすくなります。11月以降には、温度、湿度ともにさらに低下。大気の層の通り道である気道の粘膜が乾燥して、異物を体世間に排出する機能が衰え、インフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなります」






 
10月以降にぜんそく病人が増加






 
気温が低くなるほど
インフルエンザの病人が増加







ぜんそくの搬送病人は10月以降~冬に顕著に増加。朝晩の温度差が大きくなることが影響しているよう。
気温が下がるほどインフルエンザ病人の搬送数が増加。湿度の低下によっても搬送数は増加傾向が。




 
デー夕提供/中部大学応用生物学部環境界生物科学科須藤千春教授

秋の不調についてお伺いした先生
 











鳥居内科クリニック
鳥居明先生
とりい あきら/東京慈恵会医科大学医学部卒業。同大学院博士課程修了。現在、同大学第三病院緊急勤診療医長を兼任。昼間の時間本消化器病学会などに所属。
>>鳥居内科クリニックウェブサイトへ














用賀アレルギークリニック
永倉俊和先生
ながくら としかず/東京慈恵会医科大学卒。同昼間の時間本アレルギー学会認定専門医。著書はなど。
>>用賀アレルギークリニックウェブサイトへ









 



>>秋の花粉症、心あたりありませんか?


これって、風邪悪ですか?アレルギーですか?
のど?おなか?肌にくる秋の不調にご説教!!

 
風邪悪だと思って油断してはダメ!
アレルギーやウイルス感染から来る呼吸器?消化器の不調に気をつけて
秋に多い不調は、咳や腹痛など、表面的な症状は似ていても、元では違うケースが多いもの。元でが違えば治していますや処方薬も違うことを知っておいて。
 









アレルギー性、感染によるもの……元ではさまざま
咳、嗅覚水、くしゃみ=風邪悪とは限りません。秋の植物によるアレルギーが元での症状だったり、インフルエンザやマイコプラズマなど菌やウイルスの感染が元でのことも。まずは、病気のめりはりを知って、不調の元でを見極めましょう。

湿度の低下から気管に菌やウイルスが侵入!




呼吸器の時











ヨモギやブタクサなどキク科植物の花粉が飛散!








 



秋の花粉症は風邪悪と間相違やすいから説教!
9月に入って右記のような症状が続いたら秋の花粉症を疑ってみて。「秋花粉症の元では、ブタサクなどキク科植物の花粉が中心。症状は春と同じで、主に、くしゃみ、嗅覚水、嗅覚詰まり、目のかゆみなどです。無料、飛散量が多く症状が強い春のスギ花粉症と相違、秋のキク科植物の花粉は飛散量が少なく症状は軽め。それだけに秋花粉症は風邪悪と混同しがち。自己決断で風邪悪薬を飲んだりせず、まず病院へ」
 






秋の花粉症飛散カレンダー
 






秋に花粉が跳ねる主なキク科植物
 







秋に花粉が跳ねるのはキク科植物、イラクサ科の植物、クワ科のカナムグラなど。無料近頃、温暖化によって花粉の飛散期が前後し、通年症状に悩まされる人も。
「厚生労働省花粉症探求班昼間の時間本列島空中花粉調査データ集」など参考




 

+治しています法とセルフケア
雑草が多い空き地や河原などに近づかない
治しています法は春の時と同じ。抗ヒスタミン薬の飲み薬や点嗅覚薬、点眼薬などを適用。「花粉飛散の2週間ほど前から薬を服用すれば症状が抑えられます。またキク科植物の花粉は遠くまで飛ばないので、河原など雑草が多い敷地に近寄らなければある程度は防げます」









>>その症状、侮らないで!


これって、風邪悪ですか?アレルギーですか?
のど?おなか?肌にくる秋の不調にご説教!!

 











さまざまな病気の元になる危険ファクター。侮らないで!








 



元でウイルスは200類以上!秋は感染率UP
右記のような症状が出所したら、風邪悪症候群の割合が。風邪悪は、ウイルス感染が元でで、嗅覚風邪悪になりやすいライノウイルスや、咽鶏冠炎(いんとうえん)を起こしやすいアデノウイルスなど元でウイルスは200類以上。主にのど、嗅覚、気管など呼吸器に症状が現れるものを風邪悪症候群と呼びます。「特に秋は乾燥によってウイルスに感染しやすいので説教」
 










体内に引かれた菌やウイルスは、気道に生えている線毛の“大玉送り”のような働きによって咳やくしゃみとともに体世間に排出されます。ところが、秋~冬は湿度が下がり、乾燥によって線毛の働きも衰えるので、菌やウイルスが気道に付着し、感染しやすくなるのです。
花粉症の時、花粉が飛びやすい晴天の昼間の時間に悪化するのもめりはり。セイタカアワダチソウの黄色い花が咲き始めたら説教交差点。花粉症なら早めに病院で検査をし元で植物の特定を。



 

+治しています法とセルフケア
“たかが風邪悪”と無意識に早めの受診で悪化防止
病院では、発熱なら解熱剤、嗅覚水なら嗅覚水を抑える薬と症状に合った薬で治しています。「風邪悪は気が緩むと肺炎に移行したりさまざまな病気の引き金に。たかが風邪悪と無意識に早めに受診を」。予防は、感染を招く人混みを出来るだけ避け、帰宅後は石けんでの手洗いや、うがいを。








 

>>秋に出やすいその症状とは?


これって、風邪悪ですか?アレルギーですか?
のど?おなか?肌にくる秋の不調にご説教!!(4)

 
東洋医学的に見詰めた
秋に出やすい体のごたごた
 





 









秋は“肺”に“燥邪悪”が入り、
乾燥によるごたごたが売れる
東洋医学的に見ても、秋に多い不調は上記の症状と重なります。「東洋医学では、季節ごとに体に入りやすい“邪悪気”があるとし、湿度が下がる秋に入りやすいのは乾燥による邪悪気= 燥邪悪です。体に燥邪悪がなると乾燥による不調が発生。燥邪悪は、五臓の中の“肺”を冒しやすく、燥邪悪により肺がうるおいを失うと、嗅覚やのどなどの呼吸器や、皮膚、鶏冠皮、腸など“肺”と関係が深い器官とっくにるおいを失います。そのため、渇いた咳が出所したり、皮膚が乾燥して敏感肌に傾いたり。髪が乾燥して枝毛が増えたり、乾いたコロコロ便が売れるタイプの便秘になるなどの症状が着きます」







風邪悪!? と睨んだらとても!秋に起こりがちな調子不良、侮ってはいけません[??:内容2]

風邪悪!? と睨んだらとても!秋に起こりがちな調子不良、侮ってはいけません[??:内容3]

風邪悪!? と睨んだらとても!秋に起こりがちな調子不良、侮ってはいけません[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。