へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生が育てた“ブランド牛”、あす27昼間の時間から販売へ/相模原症状 病気

高校生が育てた“ブランド牛”、あす27昼間の時間から販売へ/相模原県立相原高校(相模原市緑区橋本)の生徒たちが育てた“ブランド牛”「相原牛」が27昼間の場合間から同校で初入れ販売される。2年半の飼育期間を経て、専門業者から肉付きや肉質で高い評価を得た自信作だ。

 飼育したのは、同校の畜産部の部員たち約30人。

 「相原牛」の飼育本職ジェクトは、牛海綿状脳症(BSE)異常を浴び、生徒たちが「自分たちで安全な牛肉を作りたい」との思いから始まった。全国和牛登録協会登録牛の受精卵を、同校の未登録牛に移植し、2005年12月に産まれた雌牛を「あいこう」と名付けた。高校での受精卵移植は全国的にも珍しく、生徒たちが大切に飼育してきた。

 あいこうは良好に育ち、07年12月に第1坊主「相目標(あいむ)」を出産。3年生が入学当初、天性たばかりの相目標の体重は36キロ程度だったが、土昼間の場合間や長期休退屈、正月も含入れ毎昼間の場合間、朝晩に餌やりやブラッシングなどを行い、約911キロにまで発育した。5月に出荷され、精肉となった。

 部長の福島茜音さん(17)は「頑張って育ててきたので、おいしく食べてもらいたい」と伝えている。

 販売されるのはおよそ450キロ分の肉約20類。いずれも約300グラムで値段は400円(すじ)から、1800円(サーロイン)程度。

 販売は毎月第2、第4昼間の場合間曜昼間の場合間の午前11場合~午後2場合に同校で開かれている「畜産フェア」で行われる。売り切れ次第終了。問い合わせは、同校畜産科学科電話042(772)0256。


? 「食肉になってくれてありがとう」供養願い慰霊碑建立/葉山
? 口蹄疫感染防止対策に懸命な畜産農自宅を支援、消毒用の消石灰を配布/横須賀市
? 校内産ふんだんに…企業や大学と連携しレトルトカレー/相模原?相原高
? 産学連携で高校生が「エコ中華まん」開発/相模原
? 女坊主高生が自宅畜運搬車にイラスト、神奈川の畜産アピールへ全国へ/海老名

高校生が育てた“ブランド牛”、あす27昼間の時間から販売へ/相模原[??:内容2]

高校生が育てた“ブランド牛”、あす27昼間の時間から販売へ/相模原[??:内容3]

高校生が育てた“ブランド牛”、あす27昼間の時間から販売へ/相模原[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。