へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトーザの売り上げ拡大に期待―ノボノルディスクファーマ症状 病気

ビクトーザの売り上げ拡大に期待―ノボノルディスクファーマノボノルディスクファーマ昼間の場合間本法人のクラウス?アイラセン社長は7月5昼間の場合間、東京都内で記者会見し、糖尿病治しています薬のインスリン製剤が堅調に推移し、昨年の売上高は前年比1%増の932億円だったことを明らかにした。また、新規作用機序を有する糖尿病治しています薬として6月に発売したビクトーザ皮下注についても、「昼間の場合間本の2型糖尿病病人さんの治していますのブレイクスルーに入る」とし、「今後、たいそう堅調な伸びが期待できる」と述べた。

 国内の糖尿病治しています薬マーケットをめぐっては、昨年の瀬から、インクレチン関連薬と呼ばれるGLP-1受容体作動薬やDPP-4阻害薬の発売が相次いだ。ビクトーザは、国内初のGLP-1受容体作動薬で、▽1昼間の場合間1回投与で24場合間の血糖降下作用がある▽インスリンを分泌する膵β細胞の機能指標を良くする▽体重増加を来しにくい―などの特長がある。

 こうしたインクレチン関連薬の登場によるインスリン製剤の売り上げへの影響について、会見に同席した同社マーケティング本部長のビル?シュスター氏は、「欧米ではDPP-4やGLP-1の発売後、インスリンマーケットの伸びがちょっぴり衰えたが、その後状況は変わり、また立派になっている」と指摘し、「インスリン治していますは糖尿病治していますのゴールデンスタンダードとして残っていく」との見方を示した。

 ビクトーザについては、「フェーズ3テストではHbA1cを1.74%低下させ、少なくとも2年間はその効果を維持できるが、糖尿病の進行は避けられない」と説明。その上で、「期待は、ビクトーザが糖尿病の早期の段階で使われること。病人さんがコントロールできなくなったコンディションにおいて、インスリン治していますに移行していくものと考える」と述べた。



? ビクトーザ、ネシーナとSU薬との適正使用で勧告
? 国内初のGLP-1受容体作動薬を発売―ノボノルディスク
? 持ち運び電話を無くなって注射の記録、ノボ社が新サービスを開始
? 国内初のGLP-1受容体作動薬などの薬価が決定
? ビクトーザがジャヌビアより優れた有効性-ノボノルディスク

ビクトーザの売り上げ拡大に期待―ノボノルディスクファーマ[??:内容2]

ビクトーザの売り上げ拡大に期待―ノボノルディスクファーマ[??:内容3]

ビクトーザの売り上げ拡大に期待―ノボノルディスクファーマ[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。