へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森、史上初ドラコン連覇/フジサンケイJ症状 病気

森、史上初ドラコン連覇/フジサンケイJTOMAS CUP 2010 フジサンケイジュニアゴルフ選手権(10昼間の場合間、埼玉?飯能グリーンCC、7018ヤード、パー72)本戦第1ラウンド終了後に行われた「ジュニアドラコン昼間の場合間本一決定戦」で、森実佐樹(17)=埼玉?正智深谷高3年=が306ヤードを飛ばし、大会史上初の2連覇を達成。2位の副田裕斗(16)=茨城?鹿島学園高1年=を4ヤード引き離し、自身3度目のドラコン王の称号を手にめてた。

 大トリで出てきた化け物が、『ドラコン覇者』のプレッシャーを吹き飛ばした。森が振り抜いた一撃は、たれ込めた雲に着くかのように、空中を突き抜けた。記録は306ヤード。それまで第一面の副田を4ヤード上回り、自身が初優勝した07年以来の300ヤード超えで、2年連続3度目のドラコン王者に輝いた。

 「連覇のプレッシャーもあったし、緊迫しました。当たりは良かったので、うれしいです」

 今大会は、所属する正智深谷高ゴルフ部の合宿と重なったが、合宿を休んでまで出場したのは、『ドラコン』という4文字へのこだわりだった。森が8歳のとき、本職の豪快なショットが動機でゴルフにはまった。そこから飛ばしの魅力にとりつかれた。

 「何で跳ねるのか分からない」

 自身でさえも飛ばしのこつ(ひけつ)が分からなかった。毎昼間の場合間2場合間の稽古でも1Wを握るのは50球ほどだが、今年1月には、前回優勝場合の相棒だったエース1Wのヘッドにひびが引かれたほど。怪力ぶりは両親からもらった生まれのものだった。

 実は今年2月、父の秀樹さん(享年48歳)が急死。「乗り越えていかないといけない。ゴルフの姿勢も変わりました」。ゴルフはかじった程度だったが、精神面などの助言をくれ、場合には腐ってくれる存在を亡くした。自らを律するのは自分しかいない。昨年は90キロ目と鼻の先あった体重を、今年4月の合宿で8キロ目と鼻の先落とした。スイングも早く振るのではなく、リズムよく大きな弧を描く好みに。このドラコン王は、亡き父へささげるタイトルになった。

 父親からいつも聞かされていたのが、「最後まであきらめない気持ち」だった。高校最後の夏、次のターゲットは首位の副田に4打差の1アンダー、9位発進した大会優勝だ。

 「最後まであきらめないで、あしたも頑弾力たい」

 極楽の父との二人三脚で大あべこべ転を目指し、地元?埼玉に大輪の花を咲かせてみせる。


? 副田、連覇へ67首位発進/フジサンケイJ
? 阿久津、断然リベンジ/フジサンケイJ
? 木村翔、悔しい85/フジサンケイJ
? 赤穂化成がドリンクを提供/フジサンケイJ
? 副田「中高」連覇だ!!/フジサンケイJ

森、史上初ドラコン連覇/フジサンケイJ[??:内容2]

森、史上初ドラコン連覇/フジサンケイJ[??:内容3]

森、史上初ドラコン連覇/フジサンケイJ[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。