へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国の特別自然思い出物迷う-木曽川から希望摩にたどり届く /三重症状 病気

国の特別自然思い出物迷う-木曽川から希望摩にたどり届く /三重国の特別自然思い出物「オオサンショウウオ」が今年2月、愛知県愛西市を流れる木曽川の下流(河口より約15キロ)で発見された。さまざまな機関を経由し希望摩マリンランド(希望摩市阿児町神明、TEL 0599-43-1225)までたどり到着した。(伊勢希望摩経済新聞)

国の特別自然思い出物のオオサンショウウオ。

 オオサンショウウオは、昼間の場合間本固有類で「世界最大の両生類」と呼ばれ、全長は最大1.5メートルにもなり、60~100年生きるとも言われる。3000万年以上前からほとんどその姿を変換することなく生き継続する「生きた化石」。文化庁の特別自然思い出物、環境界庁の絶滅憂慮(きぐ)II類(絶滅のリスクが増大している類)に指定されている。

 同個体は、桑名市の男性が漁獲目的で仕掛けたかごの中で見つかったもので、捕獲された敷地が汽水域で一般的にオオサンショウウオが生息できる環境界ではないことから、桑名市、三重県教育委員会を経由し、希望摩市の同水族館までたどり着き保護することになった。このほど文化庁から保護飼育の了解が下り、同水族館で8月4昼間の場合間から一般公開することになった。見つかった当場合の個体の大きさは、全長27.5感傷的、体重120グラム、推定5~8歳くらい。

 同館探求員の里中知之さんは「オオサンショウウオは岐阜県以西の本州と四国?九州の一部の河川に分布する。おそらく木曽川上流域の岐阜県のどこかから流れてきたものだと推測する。今後DNA判定を行い、木曽川水系か長良川水系かもしくは雑類化かを調査する。当館は、過去に昼間の場合間本サンショウウオセンター(名張市)から分譲の個体を18年10カ月飼育した記録を有するので、さらに大きく育てたい」と告白する。

 開館場合間は9場合~17場合。入館料は、大人=1,250円、中高生=700円、小学生=500円、幼児(4歳以上)=300円。


国の特別自然思い出物のオオサンショウウオ。
世界最大の小さな「ミズダコベビー」プカプカ浮遊(伊勢希望摩経済新聞)
札幌?サンピアザ水族館でナイトウオッチング(札幌経済新聞)
トドのロゼ、待ちに待ったの赤ちゃん出産-鳥羽水族館(伊勢希望摩経済新聞)
希望摩マリンランド

国の特別自然思い出物迷う-木曽川から希望摩にたどり届く /三重[??:内容2]

国の特別自然思い出物迷う-木曽川から希望摩にたどり届く /三重[??:内容3]

国の特別自然思い出物迷う-木曽川から希望摩にたどり届く /三重[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。