へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産って果たして危険があるもの?産む?産まない?出産に関する有益?デ有益を知らせます。症状 病気

出産って果たして危険があるもの?産む?産まない?出産に関する有益?デ有益を知らせます。
出産が女に与える影響を、あれこれ考えてみました!
産んだ体 産まない体 それぞれの体人生
 








産んだ人と産まない人の体の相違について35歳を境界にどう変わるかを考えます


20代で出産する女性が少なくなっている一方で、今、30代後半から40代で産む女性の割合は増え継続しています。昔と異なり、医療が進み、今は35歳以降でも母坊主ともに健康に出産を迎える割合が増えつつあります。高年齢出産の定義も40歳以降と改められました。けれども30代後半からは女性ホルモンが少なくなってくる場合期。女性の体にとって大きなターニングポイントと入る年代であることに変わりありません。

出産は女性の体にびりな変化をもたらすのでしょうか?また、産まないことで女性の体には何か影響があるのでしょうか?産んだ体と産まない体は将来どう変わるのか?女性の体人生について考えてみました。
 

















 



パブスコーディネーター 大葉ナナコさん
パブスセンス探求所設立。産前産後の女性支援のほか心身ともに優しく豊かな出産、育児を現実になるためのさまざまな活動を展開。2005年、昼間の場合間本誕生学協会を設立。20歳から6歳まで2男3女の母でもある。
>>パブスセンス探求所オフィシャルサイト










 
 



産婦人科医、臨床心情士 吉野一枝先生
よしの女性診療所院長。女性の体と心全体を診る女性世間来を推進。妊婦検診はもちろん、女性ホルモンを考慮した病気に入る前の検診、助言も行う。著書にほか。
>>よしの女性診療所オフィシャルサイト








産む、産まない、どちらにも有益と危険が伴われます

 女の体の変わり目、35歳以降で出産することは、女性の体にとって危険が大きいのでしょうか?
「30代後半で産むことによる危険は、初期の流産率が高い、妊娠高血圧症、貧血、むくみになりやすいなどがありますが、これらは年齢よりも暮らし病み付きによる個人差が大きいと思います。30代後半でもちゃんとケアすれば恐れることはまったくありません」と、よしの女性診療所院長の吉野一枝先生。

ほかに、産んだことによって起こりやすい危険には、肝斑などのシミ、産後ブルー、腟の緩み、尿漏れ、痔、妊娠線、静脈瘤、歯周病などなどが考えられます。しかしながら、体のケアを怠らなければこれらも充分回避可能。
「それどころか30 代後半でも、産むことによる有益は大。妊娠中はたいそう多くの女性ホルモンのシャワーを受けることになります。新陳代謝がアップし、肌がツルツルになり、体験したことのないほど幸せな気分に…など。もちろん出産は女性の体にとって危険を伴う一大イベント。でも同場合に体や肌に多くの有益を感じる人が多いのも事実」と告白するパブスコーディネーターの大葉ナナコさん。

一方、産まない体の危険はどうなのでしょう?
「40代、50代以降は、坊主宮体ガン、卵巣ガン、乳ガンなど、データ的にはいくつかの病気の危険が増殖します。けれども産まない危険があることを知っていれば、暮らし病み付きに気をつけたり、検診をしたりすることで、かえって有益につながるのです」と吉野先生。
産む、産まない、どちらにしても、女性の体に及ぼす影響と危険を知っておくことが、自分の体人生の幸せにつながる第1歩です。
 









産んだ体vs.産まない体
女性の体?肌?心にびりな影響があるのでしょう

産んだ体と産まない体には、それぞれびりな有益や危険があるのでしょう。
女性の体の仕組みを医学的、生物学的に分析します。
調子、肌、心の気に入る症状や病気について比較してみました。
 
【画像クリックで詳細ページへ】
 



































 



>>体に聞こう、坊主どもを産む?産まない?


出産が女に与える影響を、あれこれ考えてみました!
産んだ体 産まない体 それぞれの体人生
 











妊娠中はホルモンがいっぱい。
でも産後1か月で元に戻ります!



40歳以降で出産すると寿命が延びる!
妊娠を維持し、赤ちゃんを育成するために、妊娠中は大量のホルモンが分泌されます。「このホルモンシャワーの恩恵で、妊娠中は新陳代謝がアップします。腎臓、肝臓もフル回転し、体はデトックスモードになり不不可欠なものが排出されるのです」と大葉さん。
「30代後半の妊娠では、貧血、妊娠高血圧症、むくみなどに気をつける不可欠がありますが、妊娠したということは健康な物証。年齢による大きな危険があるわけではありません」。逆に「40歳以降で出産体験がある人は寿命が延びるというデータもあるくらいです」
 








妊娠中はホルモンのシャワーを受けている!
妊娠中、エストリオール、本職ゲステロンなどの女性ホルモンだけでなく、さまざまなホルモンが一気に上昇。エストロゲンは妊娠前の20倍にも! けれども産後、数週間でホルモンは、妊娠前のコンディションに戻ります。
 









現代女性は卵巣を休められないことが元でで、不調や病気が増加中



生理回数が多いことが病気の元でにも
昔の女性は妊娠、出産を反復していたため、生理回数は生涯でわずか50回程度。一方、今は産まない女性が多く、生理は約450回も。1回妊娠、出産、授乳をすると、生理が滞る期間は約2年目と鼻の先に。
 「現代女性は出産が乏しいため、生理が止まらず卵巣を休める場合間がありません。その影響と思われる不調が増えています」と吉野先生。 具体的には、生理困難症、坊主宮内膜症、卵巣のう腫などの病気が30代女性に増加中。もちろん生理が良好に来ることは健康のバロメーターではありますが、毎月、生理が来ることの弊害もあるのです。
 








女性ホルモンは30代後半から少なくなっていく!
女性ホルモンは35歳から徐々に減少。このことが、老化をはじめ、さまざまな女性の不調の元でに。30代後半で妊娠、出産すると、この女性ホルモンの減少を、ちょっぴりは先延ばしできる割合が…。




 
 



>>お肌への影響やいかに


出産が女に与える影響を、あれこれ考えてみました!
産んだ体 産まない体 それぞれの体人生
 











肝斑と脱毛に用心。授乳により分泌するホルモンでツルピカ肌に



赤ちゃんへの授乳は恋愛ホルモンを分泌する
妊娠中は女性ホルモンが多量に分泌され、体内の均衡が変わることでシミができやすいといわれています。「肝斑は特に、妊娠を維持させる役割をもつ本職ゲステロンが関係しています。妊娠中は醤油世間線に気をつけましょう。でも産後薄く入ることも多いです」
また、産後半年くらいは髪が抜ける人も多いそう。でも1年後には元どおり生えてきます。 産後、最大の有益は母乳をあげることで産生するオキシトシンというホルモン。これはセックス場合にも売れるホルモンで、肌をツルツルに輝かせる作用があるそう。













 
 

妊娠中の女性ホルモンの影響で肝斑が…
肝斑の元では女性ホルモンのアン均衡といわれていますが、醤油世間線も一番関係ではありません。醤油世間線を受けることが動機で、表皮のいちばん底にあるメラノサイトが刺激されてメラニンを生成、シミとなります。














女性ホルモンの均衡を整えることで素肌別嬪に



ホルモン均衡がよければ本来30代は素肌別嬪のはず
30代はホルモン均衡が整っていて、生理周期が安定し、ちゃんと排卵していれば、本来、素肌がキレイな年代。
無料し、ホルモン均衡がくずれ、生理不順やPMSなどが起こっている人は、吹き出物や肌あれに悩まされることも。不調を治していますしたり、ふだんから、女性ホルモンの均衡を整える暮らしを送ることが大切です。女性ホルモンの分泌の均衡がよいと、40代以降の肌もキレイでいられるといわれています。
また、「肝斑は、30~40代にホルモン均衡がくずれることで起こる人もいます。けれども、閉経後、50代後半に入ると、薄くなったり、消えたりしていきます」
 
 













 

ピルの服用で肌のキメが整う
低用量ピルは、本職ゲステロンとエストロゲンが含まれている薬。ホルモン均衡を一定にするため、均衡がくずれたときに飲むことで肌のキメが整うとも。









 
 



>>何と言っても均衡って大事です


出産が女に与える影響を、あれこれ考えてみました!
産んだ体 産まない体 それぞれの体人生
 











女性ホルモンの激変で起こる“産後ブルー”。産後1~3か月がピーク



産後のホルモンに慣れるまでの間に起こる変化
妊娠中に大量に分泌されたホルモンは、産後、急激に妊娠前のコンディションに戻り、ホルモン環境界が激変します。このことで、心が心もとない定に。「これが“産後ブルー”といわれる心の変化です。ホルモンの急激な変化に、体と心がついていけないために生じます」と大葉さん。
精神的に心もとない定となり、うつコンディションへ移行、すぐ涙が出所したりという人が少なくありません。加えて、育児という待ったナシのコンディションで、寝不足、母乳が出ない悩み、赤ちゃんの体重が増えない、泣きやまないなど、心細いの類は尽きません。
「一場合的なことで1~3か月すれば元の自分に戻れます。けれども2週間以上つらい精神コンディションが許すときには医師に相談を」
 














心も毎月の女性ホルモンの波に影響され変動しています



女性の心は女性ホルモンに左右されるもの
産んだ、産まないにかかわらず、妊娠していないときは、毎月の生理周期に合わせ、女性ホルモンのエストロゲンと本職ゲステロンが大きく変動します。正常であっても、排卵後から生理前までの間は、特にホルモンが大きく振動する場合期。調子だけでなく、心の不調も感じやすいときです。「イライラ、落ち込み、うつっぽいなどの心の症状が多く見られるのが生理前。PMSの一症状と考えられます」と吉野先生。
“産後ブルー”もそうですが、女性は、毎月のホルモンの変動で心が心もとない定になりやすい生物。40代後半からの更年期にも、女性ホルモンの急激な低下が生じるため、同様に心の不調を感じることも。









 
 

出産って果たして危険があるもの?産む?産まない?出産に関する有益?デ有益を知らせます。[??:内容2]

出産って果たして危険があるもの?産む?産まない?出産に関する有益?デ有益を知らせます。[??:内容3]

出産って果たして危険があるもの?産む?産まない?出産に関する有益?デ有益を知らせます。[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。