へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬場に太る元では、脳にあり!症状 病気

冬場に太る元では、脳にあり!
冬場に太る元では、脳にあり!

 
露出も少なくなる冬場はカラダのラインも崩れ気風味。でも実は、その元では脳にあるという。まずはアナタの「冬太り傾向」をチェックして、迫りつつあるピンチを認識することから始めましょう。 
  





チェック項目は、冬季うつ病の主な症状。
病気ではなくとも、上のような傾向ある時、冬場特有の食欲で太る割合は大。




















>>冬太りの元では、“冬季うつ”?


冬場に太る元では、脳にあり!







焼き肉のたれで生き延びた。
一昨年、六甲山で遭難し、3週間後、奇形跡的に生還した男性の話である。当時ニュースが流れたときはほんまかいなと驚かれたものだが、実際のところ、虫の息で焼き肉のたれどころか水も飲まず、体温は22度まで下がり臓器の働きも低下したコンディションで発見されたという。
まるでクマの冬眠さながら。いざとなればヒトも冬眠できるんだなぁ。
ここまで極端ではないにしろ、冬場、小さな冬眠になる人々が確かにいる。寒くて世間に出所したくない。人と会うのが面倒になる。だるくて眠くて、何より手緩いものやごはんがやたら食べたくなる。そして、体重が確実に増える。
昼間の時間本では、ああよくあるよね、そういうこと、と、さらっと受け流されてしまうこうした症状。実は、ヨーロッパやアメリカでは、明瞭に病名がつけられている。
“季節性感情妨げ”、または“冬季うつ病”というのが、それ。前ページのチェック書き出したに挙げたような症状が、秋から冬にかけて表れ、春になるとウソのように消失する。本来のうつ病が、食欲が低下したり不眠に陥ったりするのに対し、冬季うつ病は食欲は旺盛だし、ぐっすり眠れるしで、長いこと“病気じゃないでしょ”とほったらかされてきた。






















>>脳を知れば、決着策も見えてくる


冬場に太る元では、脳にあり! 
 




脳の神経細胞の不調が、やる気を低下させる。
>>質問に戻る

それでもフィンランドやイギリスなどであまりに症状を告訴する人々が多いことから、ようやく病名がついたのが80年代のこと。
その元でといわれているのが、昼間の時間照時間の季節変動。冬場、昼間の時間照時間が短くなり、光による刺激が減ると、それが元でで脳の神経伝達物質、セロトニンの分泌量が減る。セロトニンは神経を安定させ、脳を活性化する脳内物質で、光や運動による刺激で分泌が促されるといわれている。
セロトニンが不足すると、何をするにもやる気が出ず、代謝が落ち、脳にとっくにまくエネルギーを回せなくなる。で、脳は手っ取り早くエネルギーを補給しようと、手緩いものや糖質食気品、炭水化物などを猛烈に欲するようになるのだ。

また、光刺激が減ると、体内時計を司る脳の松果体からメラトニンという脳内物質の分泌量が増えたり、分泌のタイミングがずれる。その結果、睡眠のリズムも著しく狂ってしまうのだとか。
というわけで現在主流の治しています法は、光刺激を与えるというもの。晴れた昼間の時間の窓際くらいの明るさの光を定期的に当てる光療法によって、症状の良くが見られるという。
北欧やイギリスなど、緯度の高い地域で発症率が高くなる事情は、その昼間の時間照時間の短さのせいといわれている。昼間の時間本でも、関東地方に生活ていた人が東北や北海道に移民したした途端、冬季うつ病を発症する例が少なくないらしい。

なんだ、じゃ北国に住んでない限り、関係ないじゃん。と睨んだあなた。いや、滅相もない。
「東京や大阪などの都市部でも、近頃、冬季うつ病の病人が増えています。これは地下で仕事をしたり、昼夜あべこべ転の生活をしたり、屋世間に売れるチャンスが減ることで、太陽の光を受けなくなったせいではないかと、私は考えています」
いち早く冬季うつ病に着目した、初台関谷クリニック院長の関谷透先生は言う。
「冬季うつ病を自覚していない人は多いですし、たとえ病気と診察されなくても、多かれ少なかれ昼間の時間照時間の影響は誰もが被っていると考えられますね」












冬場に太る元では、脳にあり! 
 





脳の神経細胞の不調が、やる気を低下させる。
上のイラストのように脳内では常に神経細胞同士の間で、情報がやりとりされている。神経伝達物質のひとつ、セロトニンがうまくやりとりされないと、やる気が低下し、うつの症状に陥るという。


 

<<元の記事に戻る











冬場に太る元では、脳にあり![??:内容2]

冬場に太る元では、脳にあり![??:内容3]

冬場に太る元では、脳にあり![??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。