へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海ガニの噂、関係者?専門自宅は否定症状 病気

上海ガニの噂、関係者?専門自宅は否定中国で大閘蟹(=チュウゴクモクズガニ)の養殖自宅が、発育を早めるために(経口)避妊薬を食べさせているとの噂が広まり、心もとないを感じる消費者が増えている。業界集団の責任者や専門自宅は「ありえない話」と否定した。北京晨報などが報じた。大閘蟹は昼間の時間本でも「上海ガニ」の俗称で、秋の風味覚として有名だ。

 インターネットに「悪徳業者が発育促進のため、避妊薬を与えている」との書き込みが相次だ。高級気品の産地として著名な陽澄湖大閘蟹業協会の楊維龍会長は、「発育のために、薬物を与えることは、ありえない」と否定。「養殖自宅が薬物を使えば、カニの発育が異常に早まり、亡くなってしまうこともある。特に、規模の大きな養殖自宅にっとっては常識で、そんな冒険をするはずがない」などと反論した。

 楊会長によると、シーズン直前に入ると毎年、「カニの養殖に薬物を一番くなっている」との噂が発生する。協会は、弁護士と相談して法的な措置をとることも企てているという。

 インターネットでは、カニに対して避妊薬のほか、ホルモン剤や抗生物質、腐った動物の死骸を与えているとの書き込みもあり、「そんなもの、食べられるのか」との意見も多く寄せられた。

 上海海洋大学水産生命学院でカニの養殖の探求をする成勇旭教授は、「カニは魚やエビに比べて病気になりにくく、養殖自宅は一般に、避妊薬や抗生物質を与えることはしない。抗生物質を使用するとすればよほどな量になり、原価を上昇させてしまう」と、噂は正しいとは思えないとの見方を示した。

**********

◆解説◆
 経口避妊薬の成分は、いずれも女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモン。排卵の抑制により妊娠を防止し、生理困難症や坊主宮内膜症の治していますにも使われる。体重増、偏鶏冠痛、いらつき、性欲減退などの副作用を示す時もあり、肝臓機能妨げ、血栓症、発がんなどの割合も指摘されている。(編集担当:如月隼人)


上海ガニの季節が到来!…手放しで喜べぬ汚染?気品薄?作り物
「長江の環境界ホルモン、人体に影響なし」…中国で国世間調査に反論
長江の魚に環境界ホルモン、食用で性早熟も…調査結果に中国ショック
「性早熟」異常、粉ミルクと一番関係…中国政府が検査結果を公表
健康油に発がん性物質…メーカー?政府、事実“ひた隠し”=中国

上海ガニの噂、関係者?専門自宅は否定[??:内容2]

上海ガニの噂、関係者?専門自宅は否定[??:内容3]

上海ガニの噂、関係者?専門自宅は否定[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。