へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【悼む】大相撲再生を見守ってほしかった症状 病気

【悼む】大相撲再生を見守ってほしかった「土俵の鬼」といわれるだけに、新人の相撲記者には近寄りがたいムードがあった。昭和50年春敷地、弟の大関貴ノ花が悲願の初優勝に近づいたときだった。当場合ジャッジ副部長だった二坊主山さんに初入れ取材し「あの~、貴ノ花の優勝が…」と切り出すと、「そんなことをいま話せるか!」。部屋中響くような大声で怒鳴られ、シッポを巻いて逃げ出したことが忘れられない。

 だが、何度か部屋に通い顔を覚えてもらってからは、芸談風の語り口で尊い童話をよく聞かせてもらった。

 昭和30年代、一気にテレビ文化が普及し、世間が一変した。相撲も地風味な寄りや押しばかりでは茶の間は喜ばない。そこへ、現れた若乃花は大向こう浴びする華やかな技を連発し、栃錦とともにテレビ場合代の大衆的大ヒーローだった。坊主供のころ、目標中で応援したその人と差しで話をするなど目標みたいなことで、まさに記者冥利(みょうり)というものだろう。

 調坊主がいいと、おいしいネタがポロッと出所した。かわいがっていた大関若三杉(現間垣親方)の横綱昇任が近づくと「下山(実名)には、わしのしこ名を譲るよ」と、“2代目若乃花誕生”のスクープを書かせてもらった。

 いろんな話の中でも「土俵も円く使えば、広さは一番限だ」という言葉が強く印象に残る。100キロちょっぴりの体重で、50キロも重い向こうの当たりにもビクともしない生まれの足腰の強さとバネは驚異的だったが、何よりも俵を伝って回る足こそが、「土俵の鬼」の真骨頂だった。

 大相撲の再生は、円い土俵で力士がいかに攻防を尽くした相撲を見せられるかがすべて。二坊主山さんには、ファンの信頼を取り返すまで土俵を厳しく見守ってもらいたかった。


「土俵の鬼」初代若乃花、花田勝治さん死去
貴乃花親方「歴史の象徴一番くした」
花田勝氏「偉い名を継がせてい無料いて…」
放駒理事長、花田勝治氏の悲報に沈痛会見
弟坊主らが次々弔問…旧二坊主山部屋の家に

【悼む】大相撲再生を見守ってほしかった[??:内容2]

【悼む】大相撲再生を見守ってほしかった[??:内容3]

【悼む】大相撲再生を見守ってほしかった[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。