へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しいウェストを手に導入する容易引き締め手段症状 病気

美しいウェストを手に導入する容易引き締め手段女性必修!
理想のウェストを手に導入する容易エクササイズ

 
女性の永遠の憧れ、美しいウェストライン。理想のカラダを手に導入するためのエクササイズの前に、まずは身長から理想のサイズを割り出そう。
 







ウェストとヒップの比率の理想を計算してみよう。美しいラインはこの比率が0.7以下。まずは、この数字で大まかな総合決断をしてみてほしい。
 



チェック手立てはまず、自分の身長、バスト、ウェスト、ヒップを測ることから始まる。バストは、胸のふくらみの無高いところを測る。これはバスト第一面の位置に入る。ウェストは胴回りの無細いところ。ヒップは尻のふくらみが無高いところだ。そして身長から左の計算式で理想のバスト、ウェスト、ヒップを導き出す。バスト、ヒップは理想より小さければトレーニングで大きくし、ウェストは理想より太ければトレーニングで小さくしていく。

もちろん天性ついてのス夕イルでバストが大きい人もいれば、ヒップが大きい人もいる。その時は大きいところはまったく気にせずに、自分の泣き所を鍛えていってほしい。また3サイズとも大きい人は肥満のはず。とくにまめに有酸素運動を行って脂肪を減らしていってほしい。トレーニングはすべて10回×2セット。頻度は週に3回だ。月に1回サイズを計測して、カラダの変化をつかんでいこう。








1.ズンドウだと思う。 2.パンツの上に腹が乗る。 3.近頃、腹が出所した。こんなことを思っている人もウェストのトレーニングを行ってみよう。

 















 

>>それでは早速、トレーニングをスタート!

女性必修!
理想のウェストを手に導入する容易エクササイズ

 
理想のウェストをつくるエクササイズ1/3~バイシクル
10回×2セット、全3類のエクササイズを継続しましょう!
 











カラダをしっかりとひねって、肘と膝はカラダの中心ライン上で近づけるようにしよう。

 



バイシクル
床に仰向けに入る。手を鶏冠の背後に組み、鶏冠と脚を床から浮かせる。片側の膝をメロディーげて、脚をカラダに近づけ、対角の肘をその膝に近づける。左右替わるがわる自転車を漕ぐように行う。




















 

>>エクササイズ2/3。継続して行なって、効果大!

女性必修!
理想のウェストを手に導入する容易エクササイズ

 
理想のウェストをつくるエクササイズ2/3~尻歩き
10回×2セット、全3類のエクササイズを継続しましょう!











尻を床から浮かせるときに、カラダをひねってはダメ。まっすぐに保って浮かせよう。

 



尻歩き
脚を前に伸ばして、床に腰掛ける。腕前は胸の前でクロスさせる。腹筋を無くなって尻の片側を浮かせて、1歩前に進み、次にあべこべ側の尻を浮かせてまた1歩進む。左右10歩ずつ進む。




















 

>>特別な道具も不可欠ないので、継続しやすい!

女性必修!
理想のウェストを手に導入する容易エクササイズ

 
理想のウェストをつくるエクササイズ3/3~ローテーション
10回×2セット、全3類のエクササイズを継続しましょう!
 











上体までイスと一緒に回ってしまうとウェストに効かない。上体は動かさずに腰をひねる。

 



ローテーション
上体をまっすぐにして座面が回転するイスに座り、足を床から浮かせる。両手で机をしっかりと握る。ここから、上体はできるだけ動かさずに、下半身を左右替わるがわるひねる。




















 

>>美しいウェストラインのために、どう継続する?

女性必修!
理想のウェストを手に導入する容易エクササイズ

 






胸、ウェスト、そしてヒップにかけてのライン。女性の美しさの象徴である。このラインをより際立たせることができたら、という女性も多いはずだ。実は、ラインの美しさを決めるのは細いウェストだけではない。それと対照と入る豊かなバスト、そしてカタチのいいヒップがあることが不可欠。要は、コントラストをつけてやることが大事なのである。

胸が小さい人ならば、胸にある大きな筋肉、大胸筋を鍛えていく。大胸筋は並に鍛えると、下側が大きくなり、上側はそれほど大きくならない。バストの下側だけが大胸筋によって前へ押し出されると、当たり前、バスト第一面は今よりも上を向くし、胸自体の量が多くても出てくる。

ウェストが太い人は腹筋を鍛える。腹筋が弱いと、内臓を骨盤の上の正常な位置に留入れおくことができなく入る。内臓によって腹が押し出され、ポッコリとしてしまうのだ。その影響は腹の前面だけではなく脇腹にまで出てくる。だから、腹を鍛えることで引き締め、内臓を正しい位置に戻してやることが不可欠なのだ。

ヒップがペタンコという女性は多い。昼間の時間本人の女性のめりはりである。これを解消するために尻にある大臀筋を鍛える。この筋肉が大きく入ることで、女性らしい丸みのあるヒップが天性るし、さらに、ヒップアップしていくこともできるのだ。

自分が足りない部分を筋力トレーニングで補っていこう。それと同時に、有酸素運動を継続しよう。脂肪でラインが崩れてしまっては、いくら筋力トレーニングをしても効果が上がらない。誰もが振り向いてしまうようなラインを作るために並行してやっていこう。

 











取材?文/鈴木一朗
撮影/千葉 諭
スタイ書き出した/串尾広枝
ヘア&メイク/矢澤康隆
監修?指導/齊藤邦秀

美しいウェストを手に導入する容易引き締め手段[??:内容2]

美しいウェストを手に導入する容易引き締め手段[??:内容3]

美しいウェストを手に導入する容易引き締め手段[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。