へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士通の法人持ち運び戦略、メール&健康ソリューション披露症状 病気

富士通の法人持ち運び戦略、メール&健康ソリューション披露富士通は、法人向けFOMA端末「F-10B」の発売に伴って、法人マーケットに向けた取り組みを説明した。説明会では、富士通の法人戦略や法人向け端末の紹介のほか、法人向けのメールソリューションや健康ソリューションのデモなどが披露された。

 登壇した富士通の執行役員常務の大谷信雄氏は、持ち運び電話マーケットについて、個人向け端末マーケットがほぼ鶏冠打ちの状況ではあるが、法人マーケットについては発展途上であるとした。パソコン事業も担当する大谷氏は、「ビジネスマンにとってパソコンは、家、会社、移動中とすでに複数キッチン有している状況だが、持ち運び電話は個人と会社の区分けが曖昧。本当の意風味で企業のことを考えた持ち運び電話があるのではないか」と語った。

 なお富士通では、2008年3月、法人およびビジネスコンシューマーをターゲットとしたWindows Mobile端末「F1100」を投入している。社内の内線に接続できるなど法人需要を見越した製気品であったが、大谷氏は「内線設備は原価の異常があり広がらず、端末にはパブコードリーダーがないなど、帯に短したすきに長し、ユーザーのニーズを捉えきれなかった」と総括した。こうした体験を踏まえ富士通では、ハンディターミナルとして活用できる特化型端末の「F-05B」と、低原価で使い勝手を考えた「F-10B」を投入する。

 大谷氏は、法人ユーザーのヒヤリング結果も紹介し、低値段、セキュア、防水、エンターテイメント機能(ワンセグやゲーム、AV機能)非搭載、長期の端末調達が可能、同じ機類で簡単な管理といったキーワードを挙げた。個人向けの持ち運び電話では、春夏商戦と秋冬商戦に大きな山場を迎え、大きく分けると半年ごとに端末が切り替わっていく。法人使い道ではこうした短い販売サイクルを敬遠する傾向が顕著で、スタッフが同じ機類を長く使える環境界が求められているという。

 こうした要望に応えて開発したのが、「F-10B」だ。エンタメ系の機能を排除し、指紋センサーや遠隔ロック、防水機能などが準備されており、大谷氏は「長く無くなってい無料ける安定気品質?安定供給。まさにMade in Japanといった製気品」(大谷氏)と紹介した。販売サイクルについては「要望次第だが最低1年以上」とのこと。

 また、通常の端末ではカメラキーがある位置に配された通話メモ機能は、企業からの強い要望から搭載されたとのこと。向こうの声を録音するだけでなく、自分の声も含め全通話が録音可能で、録音したデータはmicroSDカードに記録されていく(AMR形式)。音声データはパソコンで管理できる。大谷氏はこのほか、通話を聞き取りやすくする「スーパー明瞭にボイス3」や、歩数計、活動量計などの機能を紹介した。

 なお、端末原価については、端末をNTTドコモに卸す立場の富士通からくっきりしたコメントは得られなかった。説明会に出席していたドコモの法人担当者は「法人マーケットが厳格と言われる中、思い切った値段、戦略的な値段を設定できた。性能面だけでなく原価パフォーマンスの面でも満足い無料けるものではないか」と語っていた。

■ メール&健康ソリューション

 こうした法人向けの端末展開と併せて、富士通では法人向けのメールソリューションと健康ソリューションをスタートさせる。サービス開始場合期は、メールソリューションが2011年1月(2010年10月からβ版提供)、健康ソリューションが2010年12月。

 メールソリューションは、会社のメールアドレス宛に届いたメールがセキュアに持ち運び電話で閲覧できるiアプリ。富士通のネットワークソリューション「FENICS」と連携するサービスで、入れる企業のサーパブに届いたメールは、FENICSセンターをゲートウェイにして持ち運び電話側に届けられる。インターネット網ではなく閉域網へ接続するサービスと入る。

 メールは、FENICSセンター側で変換され、添付ファイルは全てJPEG形式の画像に置き換えられる。受信したメールはアプリ分野に格納されるため、Webメールのように画面メモで保存できない仕組み。アプリ起動場合に指紋センサー(または8桁の暗証ナンバー)で認証するほか、添付ファイルを開く際にも認証がかかる。

 アプリ分野に保存されるため、メールの保存件数は最大150件程度と入る。フィルタリング機能を利用して、持ち運び電話側に着くメールを制限できる。メールはプッシュ配信され、iモードの持ち運びメールのように着信通知が可能だが、指定のメールのみ通知するといった利用が可能。端末を紛失際は遠隔制御でリセットできる。

 対応する端末は現場合点でF-10Bのみだが、指紋センサーを搭載したそのほかの富士通製機類にも対応していく計画。導入経費は1台あたり月額500円で、別途FENICSの経費がかかる。

 健康ソリューションは、端末に搭載された歩数計や活動量計などを連携させて、保健指導などに活かしていくiアプリ。8月10昼間の場合間に個人向けの健康管理サービス「深体創工房」を公表しており、その法人向けサービスと入る。

 体重や血圧、食事などを入力しておくと、歩数や活動量が毎晩自動的にサーパブに発信されて昼間の場合間々の運動量が数値化される。従業員の健康管理の基礎データとして活用が可能で、加入する健康組合から健康指導メールなどが届けられる。富士通社内で検証したところ、体重や腹囲の平均データに大きな変化は見られなかったが、中性脂肪は大幅に減ちょっぴりたという。担当者によれば、健康指導メールで助言が着くため、本人が暮らしを振り返り、「行動変異」が起こるという。助言は運動科学博士と社内病院医師によって作成したという。

 なお、こちらの端末も当初は「F-10B」のみだが、今後そのほかの富士通製モデルに対応引き伸ばしていく計画。導入経費は月額数百円で、別途初期経費がかかる。


ドコモ、法人向け端末「F-10B」を8月31昼間の場合間発売 (2010/8/26)
富士通、持ち運び電話などを活用した健康管理サービス (2010/8/10)
ドコモ、ハンディターミナルに入る法人向け「F-05B」 (2010/5/24)

富士通の法人持ち運び戦略、メール&健康ソリューション披露[??:内容2]

富士通の法人持ち運び戦略、メール&健康ソリューション披露[??:内容3]

富士通の法人持ち運び戦略、メール&健康ソリューション披露[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。