へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シート軽量化に貢献する薄型トルクダイオード、NTNとシロキが共同開発症状 病気

シート軽量化に貢献する薄型トルクダイオード、NTNとシロキが共同開発NTNとシロキ工業は、自動車シートリフタ(座面昇降機構)用「薄型トルクダイオード」を共同開発した。以前気品より薄型、高強度とすることでシート骨組みの簡素化、軽量化に貢献する。

薄型トルクダイオード

トルクダイオードを使った自動車シートリフタは、ドアとシートの間に配置したレパブの制御でシート座面を上下させるため、ダイヤル式シートリフタと比べて小さな力で制御が可能なことなどの有益が評価され現在の国内シートリフタの主流となっている。

今回開発した薄型トルクダイオードは、構成部気品設計の改良で薄型化。これによってドアとシートリフタレパブ間のスぺースが広がり、自動車シートのレパブ配置などデザイン性が向上した。また、構成部気品の強度をアップし、シートを特定ポジションに保つ力を向上、トルクダイオードで乗員の体重をより多く保つことが可能となったことから荷重伝達機構が簡素化でき、シートの軽量化が可能となった。

自動車の燃費向上のため、部気品の軽量化が求められており、特に重量物の1つであるシートの軽量化は大きな課題だった。

NTNは、薄型トルクダイオードはこうしたニーズに対応していることから次世代のシートリフタ用としてマーケット展開をまめに進める。

《レスポンス 編集部》


居眠り運転警告シートに国土交通大臣賞
航空機ファーストクラス普通みの高速バス用シート ウィラーが開発
エールフランスの新レカロ製シート…40%軽量化
NTN 特別編集
シロキ工業 特別編集

シート軽量化に貢献する薄型トルクダイオード、NTNとシロキが共同開発[??:内容2]

シート軽量化に貢献する薄型トルクダイオード、NTNとシロキが共同開発[??:内容3]

シート軽量化に貢献する薄型トルクダイオード、NTNとシロキが共同開発[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。