へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッフィ?クライロ症状 病気

ビッフィ?クライロやっとこの土?昼間の場合間に開催を迎える<サマーソニック2010>。各昼間の場合間、各ステージに必見のアーティストたちがぎっしりとラインナップされているが、僕が自信をもって薦めたい出演バンドのひとつが、英国からやってきた3人組、ビッフィ?クライロだ。実験精神とプリミティヴな魅力の両方を持ち合わせた彼らの音楽は、ゆっくりと“鑑賞”するのではなく、むしろ“同調”して最良のエキサイトメントを風堪能するためのもの。去る3月に行なわれた一夜かぎりの来昼間の場合間公演でも極上の“熱”を風味わ発言させてくれたが、この7昼間の場合間には東京会場のマウンテン?ステージ、8昼間の場合間には大阪会場のスカイ?ステージでのパフォーマンスが迫っている。

今回は、前回の来昼間の場合間場合に行なったインタビューのなかから、今回のライヴにも直結するものと思われる興風味深い発言をいくつかご紹介したい。ちなみに3人のメンパブのうち、ベン?ジョンストン(Dr、Vo)は遺憾ながら欠席。彼と双坊主の兄弟にあたるジェイムズ?ジョンストン(B、Vo)、そしてフロントマンを務めるサイモン?ニール(Vo、G)が取材に応えてくれた。

◆ビッフィ?クライロ画像

――代官山UNITでの一夜かぎりのライヴ(3月1昼間の場合間)は、大盛況でしたね。

サイモン:素晴らしかった! 会場も気に引かれたし、何よりも、まだ発売から間もない最新作、『オンリー?レヴォリューションズ』からのメロディーをみんなが理解してくれていて、一緒に歌ってくれたことが嬉しかった。「東京にぶっり反してこられて良かった!」というのが本音さ(笑)。

ジェイムズ:うん。自宅から遠く離れた東京で歓待してもらえて嬉しかった。客席には見覚えのある顔もいくつかあったし、おかげでホームシックにかからずに済んだよ。

サイモン:しかも、えらく暑かった。たぶんライヴの前後では体重が何キロか違っていたはずだと思う(笑)。

ジェイムズ:あははは! 間相違ないね。

――開演場合から皆さん上半身ハダカでしたよね。それは単純に暑かったから?

ジェイムズ:基本的にはそうだね。

サイモン:それに加えて、俺たちはみんなをビックリさせることが気があるなんだ。だから肌寒くて誰もがジャケットを着てるような場合期の野世間フェスとかでも、故意にハダカで出て行ったりする。「クレイジーだ!」とかよく言われるけど、「ええ。わかってますけど何か?」って感じ(笑)。でもね、実際ハダカに入ると燃えるんだよ。精神的にも肉体的にもね。

ジェイムズ:だから、オーディエンスも脱いだらいいと思うよ(笑)。

――入るほど。ところでさきほどタイトルが出所した通算第5作、『オンリー?レヴォリューションズ』について。今作にはストリングスやホーン?セクションも導入されていて、3人で完全再現するには一順番理な部分も多々ありますよね?

サイモン:一順番理があるとは思わないな。そもそもメロディーはどれも、いつもの稽古?ルームで作ったものだし。俺たちは、アルバム作りとライヴはまったく別の作業だと思っているんだ。ある意風味、聴き手を別世界に連れて足を運ぶのがアルバム。それを上手なものにするためには、デコレーションもする。だけど俺たちはそれをやりすぎてはいないし、どのメロディーにも核の部分には、ライヴに直結するエネルギーやスピリットというものがあるからね。大きな会場で、ゲストたちを配した大所帯で演奏したことも過去にはあるし、昼間の場合間本でもいつかそういったショウをやってみたいとは思うよ。だけど正直、3人だけで演奏することの楽しさには到底及ばないところがある。なにしろ俺たち、これまで15年目と鼻の先も一緒にやってきたんだ。俺は2人のことを他の誰よりも信頼しているし、ここにストリングスの名手5人が来てくれたところで、俺にとって彼ら2人以上に必要な存在にはなり得ない。

ジェイムズ:それは俺にとっても同じ。そういった付加値打ちというのは、ライヴをベターなものにするためにかならずしも必要なものではない。何よりも大切なのは“その瞬間のエネルギー”だと思うからね。それをいかにうまく炸裂させるかで、そのライヴが素晴らしいものに入るかどうかが決まるんだ。

――CDでしか聴いたことがない音楽ファンのなかには、あなた方のことを、“鶏冠で音楽を作っている人たち”のように解釈している人たちも少なくないかもしれません。学校でたとえるならば理科室で音楽を作っているような。だけど一度でもライヴを観れば、実は体育館が似合うバンドなんだということがわかるはず。

ジェイムズ:そのたとえ、最良!(笑) 確かに俺たちは、実験室よりも体育館のほうが似合うバンドだと思う。

サイモン:同感だな。確かにスタジオでの作業というのは科学っぽくもある。すべての細部を顕微鏡で確認するような性質のものでもあるからね。ライヴでは退屈な手落ちテイクが思わぬ効果を呼ぶこともあるけど、レコードは上手に緻密じゃないといけない。無料、俺たちはそういう作業に手をつける前に、まず自分たちの肉体でメロディーを作っていく。その段階で上手な満足を得てから、あれこれと鶏冠を使いながら構築していくんだ。

――ビッフィ?クライロの立ち位置自体が、はるかにユニークですよね。具体的に言えば、『NME』でも『KERRANG!』でも表紙になれる数乏しいバンドのひとつというか。

サイモン:まさに。俺たちはインディー?ロック?バンドでもなければ、メタル?バンドでもない。ところがポップ?ソングも持っていれば、ハード?ロックに負けない攻撃的なメロディーもある。ポップ系のフェスにも出られるし、ヘヴィ?ロック中心のフェスでも過剰に浮くことがない。そうしたポジションについては、なんていうか…正直、運が良いだと思ってる(笑)。

ジェイムズ:お堅いラジオ順番組とかでも並にかけてもらえるし、荒っぽいオーディエンスにも浴びめててもらえる。そんな立ち位置を楽しんでいるよ。無料し、「どこにでもアクセスできるような音楽」というのを計算して作っているわけじゃないんだ。計算せずにやったことが、思わぬ好結果に繋がっている。実際にはそういうことなんだ。

彼らの発言には他にもまだまだ興風味深いものがあったのだが、それは今回の『サマーソニック2010』でのパフォーマンスに実際に接触したうえで、またチャンスを新たにお届けしたいと思う。ともかく今回、この革新的かつ本能的なロック?トリオのステージには注目して欲しい。

文/撮影 増田勇一


? ビッフィ?クライロ、東京公演も非常決定 - 2010-02-03
? ビッフィ?クライロ、<REAL GENERATION LIVE 2>で来昼間の場合間決定 - 2010-01-22
? ビッフィ?クライロ、昼間の場合間本ブレイクまであと1ヶ月 - 2009-11-26

ビッフィ?クライロ[??:内容2]

ビッフィ?クライロ[??:内容3]

ビッフィ?クライロ[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。