へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開発へ 梅、養豚業者が連携症状 病気

開発へ 梅、養豚業者が連携和歌山県みなべ町晩稲の梅加工業「紀州ほそ川」(細川清社長)とすさみ町里野の養豚業「すさみ開発」(木村煕臣社長)は、梅干しの副産物「梅酢」を利用して育成する豚肉「紀州うめぶた」の共同開発を目指している。両社は和歌山を代表するブランド食気品に育てたいと張り切っている。
 紀州ほそ川は、梅干しの製造プロセスで天性る酸風味の強い果汁「梅酢」を活用し飼料「梅BX70」を開発。これまでも養鶏業者や養殖業者らと連携して「紀州うめどり?うめたまご」や「紀州梅まだい」のブランド化に取り組んできた。
 すさみ開発は5年前に創業、すさみ町大鎌の豚舎6棟で豚を飼育し、年間1200鶏冠を出荷している。繁殖から手掛ける一貫生産で、体重110~120キロに入る生後6~7カ月で出荷する。餌には防腐剤や抗生物質を使わず、大手食気品メーカーで出所した規格世間のうびりや小麦などに梅の類を砕いたものを自自宅配合し、乳酸菌発酵させて与えてきた。現在は開発に向けて「梅BX70」も混ぜている。
 細川社長(59)は「鶏やマダイへの探求結果からも、発色が改善、適量の手緩い脂が入り、ジューシーで臭いがない肉質が期待できる」といい、木村社長(72)は「和歌山が誇る健康食気品である梅を食べさせれば、豚も健康に入るだろう。スペインのイベリコ豚を追い引っ越すほどの風味の豚を送り出したい」と伝えている。
 今後、県畜産テスト場(すさみ町見老津)の協力を得ながら「梅BX70」による効果などを検証し、1年後の安定供給を目指すという。
 開発やブランド化に向けた事業費は約190万円。「わかやま産業振興財団」の助成事業として事業費の3分の2の補助を浴びている。


梅酢の活用で「ちいき経済賞」 紀州ほそ川が受賞
「紀州うめあゆ」ブランド化へ 「梅BX70」使用
「行政の支援を」 梅まだい協議会、初の総会

開発へ 梅、養豚業者が連携[??:内容2]

開発へ 梅、養豚業者が連携[??:内容3]

開発へ 梅、養豚業者が連携[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。