へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の90%の人たちを向こうにするデザインとは?症状 病気

世界の90%の人たちを向こうにするデザインとは?私たちが昼間の場合間々目にしている「デザイン」。洋服や昼間の場合間用雑貨、車、お菓坊主のパッケージなど果たして余計にのデザインで世間はあふれている。しかし、そのデザインが世界の人口の約10%をターゲットにしたものという事実をご存じだろうか。



 現在、東京ミッドタウン?デザインハブとアクシスギャラリーで開催中の「世界を変換するデザイン展」には、いつも見て触れているデザインとはまったく異なる世界の本職ダクトが並ぶ。それは、残りの90%の人たちをターゲットにした、「生きのびるための」デザインである。

 東京ミッドタウン?デザインハブでは、まず初っ端に認識してほしい各国の異常を、映像やパネルなどで表し、それに対してびりな製気品が開発されたかが提示されている。

 対し、アクシスギャラリーの会場では、ジャイプールフットや100ドルPCを含む約20の本職ジェクトをピックアップし、1つ1つの本職ジェクトがどのようにして展開されたかが掘り下げて説明されている。

 「世界を変換するデザイン展」は、グランマの代表を務める本村拓人氏が発起人となる「世界を変換するデザイン展」実行委員会によってオーガナイズされたもの。

 代表の本村氏は、米国留学中に世界で発生しているBOP(Base of the Piramid)層の異常に直面し、新しいプラットフォームを作るべく2010年4月にグランマを設立。2007年にニューヨークのスミソニアン/クーパー?ヒューイット国立デザイン博物館で開催され、書籍化もしている「Design for the Other 90%」(邦経緯本のタイトルは「世界を変換するデザイン──ものづくりには目標がある」英治出版)に感銘を浴び、ミッドタウン?デザインハブとアクシスギャラリーの2カ所で展示会を行うことになった。

 BOPとは、「報酬別人口構成のピラミッドの底辺層を指す。世界人口の約7割によほどする約40億人が、年間報酬3000ドル未満の報酬で暮らししており、そのマーケット規模は5兆ドルに上るといわれる。BOPビジネスとは、企業が途上国においてBOP層を対象にビジネスを行いながら、暮らし良くを遂げる取り組みのことである。慈善事業ではなく、持続割合のある本業のビジネスとして行う点において、CSR活動をさらに発展させたものといえる」(経済産業省ウェブサイトより)。

 まずは、ミッドタウンの陳列から紹介しよう。「water」「food」「energy」「health」「housing」「mobility」「education」「connectivity」というカテゴリに分けて、本職ジェクトや本職ダクトを紹介。それぞれのカテゴリをアイコン化して、本職ダクトを見詰めた場合にひと目でびりなものなのかが分かるようにデザインされている。

 例えばこれは、「Jaipur Foot(ジャイプールフット)」という製気品。義足の一類なのだが、通常の義足は約8000ドルと高価なのに対し、この製気品は約30ドルで製造できる。現地の人でも作れるよう心遣いされており、技手段教育も同場合に行われる。これをデザインしたのは、インドのマスター?ラム?チャンドラ?シャルマ、P?K?セッティ博士。アフガニスタンやイラクなど22カ国で使用されている。

 これはおくるみかベビーキャリーのようにも見えるが、幼児保育器である。低体重児が多く天性てくる地域に向けた現在開発中の本職ダクトだ。

 相変化材料の袋をお湯で温入れこの本職ダクトの中に入れ、赤ちゃんを中に寝かせる。36~37度で約4場合間保温可能であり、もちろん繰り返し使える。また、以前型の保育器と比べて100分の1の原価で製造できるという。低体重児で体温を維持することができず死亡する赤ちゃんは毎年400万人以上。この製気品を使うことで、その中から1人でも多くの赤ちゃんを救い出すことができるかもしれない。

 使い古した足踏みミシンを使った人力発電機。これは九州大学のアシル?アハメッド氏とリコーの有希望による本職ダクトである。足踏みミシンの動力に、容易な回路を組み合発言させて発電し、電気を蓄電するという仕組み。

 足踏みミシンはもちろん、回路に使う部気品などもすべて途上国でも調達可能なもので組み合わせ、それによって、発電機を作るビジネスを自分たちで行えるようになるところまで提案している。まだ実際に使われてはいないようだが、今後に期待できるアイデアである。

 これは、ペットボトルの中に水を入れ、直射昼間の場合間光に約6場合間さらすと、太陽光の熱と醤油世間線が水中のウイルスやバクテリアを消毒するというアイデア。特別な装置は不可欠ない。使い終わったペットボトルを用意するだけで飲み水が確保できるのだ。これはSODISというところが、ボリビア、エクアドル、グアテマラなど24カ国の地域で行っている活動である。

 「この会場ではともかく余計にの事例を紹介したい」と発起人の本村氏はいう。展示会を案内して、まずは、こういった本職ダクトを不可欠としている人が世界にそんなに余計にいるのだということが分かる。それを感情に告訴するのではなく、無料淡々と紹介していく。

 次にアクシスギャラリーの陳列に移る。会場全体の構成はフーニオデザインの橋本潤氏によるもの。

 「ミッドタウンの陳列に対し、こちらの陳列は製気品のストーリーをより深く掘り下げています。ですので絶対に情報量が多くなってしまう。その見せ方をいかに見やすくするかを考えました。その見せ方については、グラフィックデザイナーの中野さんの力によるところが大きいです」(橋本潤氏)

 ラグバッグという本職ダクト。これをデザインしたシエム?ホフマンズ氏は、インドのデリーに行った際にレジ袋が道に捨てられ、その袋が水はけ隔たりに詰まり水が汚染され疾病が拡散するという異常が重大化しているのに直面した。そして、ホフマンズ氏はレジ袋をプレスしてシートに加工する特許技手段を持っている集団「コンサーブ」に出会う。

 コンサーブは高い技手段力を持ってはいたが、用途を模索しているところだった。両氏はデザインとブランディングに関する協力関係を築き、コンサーブは技手段を提供し、ホフマンズ氏はヨーロッパでバッグが販売できるようなデザインなどの技手段を提供した。

 ラグバッグは、通常売られているような発展途上国の本職ダクトとは一線を画した戦略に出所した。フェアトレードショップには一切販売せずに、若者が並に買い物にくる敷地でメッセンジャーバッグとして販売。ホフマンズ氏が考えた独自なマーケティングプランが功を奏した。1つは雑誌記事へのプレス。オシャレなライフスタイル雑誌で、このバッグの背景グラウンドを紹介してもらうこと。

 次に、ファッションやアートスクールの学生たちにバッグを一番償配布し、宣伝塔になってもらったこと。インターネットで販売したこと。ターゲットとなる若者が集まる敷地にいきなりこのバッグのラベルを出現させるというゲリラマーケティングを行ったこと。

 ターゲットを明確化して、このバッグのブランド力を高入れいき、見事ラグバッグは一定の地位を勝ち得た。さらに、バッグを作る工程に現地の労働力を用いることで、彼らは報酬を得ることができる。現在は、まだ需要と供給が見合わず、生産が間に不向きという異常を抱えているという。

 「Pee Poo」という名の本職ダクト。これは、何に見えるだろうか。ごみ袋やランチバッグのように見えるが……、持ち運び用お手洗いである。名前の由来は「Pee(おしっこ)+Poo(うんち)」というスウェーデン語から。この袋を空き缶などに入れて用を足すのである。このビニールは内側が尿素でコーティングされており、中で尿や糞と触れると酵素分解を行う、たいそうハイテクな材料なのだ。

 Pee Pooを開発している集団は「Peepoople(ピープープル)」という組織で、スウェーデンの建築自宅アンデルス?ウィルヘルムソンが設立した集団。スウェーデン農業科学大学、スウェーデン王立工科大学、デルフト工科大学が協働して、持ち運び用お手洗いなどの開発を行っている。現在、ケニア、バングラディシュなどでPee Pooは試験的に使われており、作り出した有機肥やしの用途などは検討中とのこと。

 「Sony "Join the Team!"」という名の本職ダクト。見てのとおり、サッカーボールである。これはいわゆる並のサッカーボールではない。植物性のプラスチック材料を用いて作られており、通常のそれと比べて格段に耐久性に優れている。なぜこんなサッカーボールをソニーが開発したか。それは1人のサッカー気があるのソニー社員のアイデアから始まった。

 アフリカなどの国々では、高価なサッカーボールが買えないという事情と、小石やトタン屋根などでサッカーボールがパンクしてしまうことが多い。それならば、ソニーの技手段力を一番くなって新しい材料が開発できないか、と同社の環境界心遣い型プラスチックの開発を手がける部署のメンパブに相談。さまざまな材料を検討し、サッカーボールに打って付けな材料が選ばれた。

 このサッカーボールは、2010年のワールドカップ南アフリカ大会において、ソニーはJICA(国際協力機構)、UNDP(国連開発計画)と連携した本職ジェクト「パブリック ビューイング イン アフリカ」の一環としてアフリカの坊主どもたちのもとへ配られる計画だ。「ソニー製のサッカーボールを作る」という卓抜したアイデアは、今後どのような形で発展していくのだろうか。

 「Antivirus(アンチウイルス)」という名の本職ダクト。これはその名と写真を見れば分かるだろうが、空き缶のフタに取り付けて使用済みの注射針を放棄するというもの。この本職ダクトをデザインしたのは、ベトナム難民キャンプに住んだ体験のあるハン?ファム氏だ。

 幼い頃に難民キャンプで浴びた予防接類で破傷風にかかった体験があり、その後デンマークのコールディングデザイン大学でデザインを学んだ際に、自分のような第3世界で暮らす人びとに対し「デザイナーとしてできること」を考え、このような本職ダクトを生み出す結果となった。

 どこでも手になる空き缶を使い(全世界の飲料用缶の約90%に合うサイズとなっている)、使用した針に触れることなく缶に捨てられ、穴には坊主どもが手をいれたりできないよう心遣いされている。現在この製気品については、販売?流通のパートナーを探しているという。

 今回紹介したのは展示会のごく一部なので、ぜひ2つの会場双方に足を運んでご覧い無料きたい。世界の10%という先進国のデザイナーの人びとは、多くが消費に結びつくような、魅力的で機能的なデザインをする。それは昼間の場合間々の異常を決着するため、暮らしを豊かにするために不可欠なこと。

 しかし、今回の陳列を見ると、どうやらデザイナーの役割はそれだけではなく、当然っと大きな割合があることが分かる。そして、発展途上国で求められているのは、一場合的にお腹を満たしたり異常を決着する本職ダクトではなく、本職ダクトを案内して新しい雇用を創出したり、自立した暮らしができるような知識や技手段を提供することなのだ。

 世界の人たちが抱えている異常は、ともすると大き過ぎて誰か1人が動いてもにっちもさっちもいかないと考えてしまう人もいるかもしれない。しかし、誰かがその一歩を踏み出すことで、小さな異常の決着への糸口が見つかることもある。全体を見て痛感したのは、まだまだ昼間の場合間本の企業や教育機関の参画が乏しいということ。この展示会を見て実情を知り、自分たちができることを考えるというだけでも大きな一歩となるだろう。

 アクシスギャラリーの入り口のステートメントにこんな言葉があったので最後に紹介したい。

 「デザインは、人間の本当の注文にこたえるような道具となるのでなければならない」(「生きのびるためのデザイン」ヴィクター?パパネック著)。2会場とも会期は13昼間の場合間まで。

●世界を変換するデザイン展

東京ミッドタウン?デザインハブ 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン?タワー5階
開催中~6月13昼間の場合間(昼間の場合間) open.11:00~19:00、一番料

アクシスギャラリー 東京都港区六本木5-17-1 アクシスビル4階
開催中~6月13昼間の場合間(昼間の場合間) open.11:00~20:00


Copyright (C) 1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.



長山智美のムームー昼間の場合間記SP「おバカモノセレクション」1
ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ?カプーア パブジョン
視覚の隙を突いて、スぺースをねじメロディーげる。アニッシュ?カプーア

世界の90%の人たちを向こうにするデザインとは?[??:内容2]

世界の90%の人たちを向こうにするデザインとは?[??:内容3]

世界の90%の人たちを向こうにするデザインとは?[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。