へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元KGBの国際犯罪組織症状 病気

元KGBの国際犯罪組織このページの先鶏冠ですこのページの本文へ

お知らせ:
Yahoo! JAPAN向けIE8を今すぐダウンロード(一番料)
Yahoo!ニュースログイン
IDでなおさら便利に[ 新規取得 ]Yahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社
        ここから本文です

        元KGBの国際犯罪組織AERA 8月23昼間の場合間(月)11場合57分配信──国際的な武装強奪群れピンクパンサー。
        旧ユーゴの元民兵らで組織されているというが、びりな群れなのか。
        『オシムの言葉』の編者で、旧ユーゴの裏社会にも詳しいジャーナ書き出したの木村元彦氏が解き明かす。──

         欧州、中東などの28カ国で過去170件以上の宝石店襲撃事件を起こし、打撃総額は350億円以上。昼間の場合間本でも、2007年6月14昼間の場合間、銀座の宝石店から計2億8千万円よほどのティアラ(王冠型髪装飾)とネックレスを取っている。
         この事件の容疑者として、今回、キ本職スで逮捕され、8月14昼間の場合間にスペインから移送されてきたのがピンクパンサーのメンパブで、旧ユーゴスラビアのモンテネグロ国籍のリファト?ハジアフメトビッチ容疑者である。
         すでに報道されている通り、メンパブは300人前後で、モンテネグロを根拠地とする旧ユーゴの民兵生まれ者で構成されているが、モンテネグロは人口たった60万人の小国である。

        ■ベルギーなどで「洗浄」

         そんな小さな国の群れが、どのようにして世界をまたにかけた莫大な貴金属強盗をやってのけられるのか。関係者に取材をしていくと、後ろにいる国際的犯罪シンジケートに行き届く。
         アドリア海に近い小都市コトルで昨年、中心メンパブに触れたモンテネグロ人の理由通は、次のように証言する。
        「モンテネグロ人のピンクパンサーはたまたま実行部隊に過ぎません。組織はなおさら巨大で、国籍や民族、宗教を超えて構築されている。そもそもモンテネグロ人が単独でダイヤを盗んでモンテネグロに持ち帰っても、貧しいこの国に需要はない」
         その後ろの組織は後述するとして、では奪ったダイヤはどうするのか。
         彼によると、まずぱくったダイヤは、マネーロンダリングのように、「洗浄」される。敷地はベルギーのアントワープとイスラエルのテルアビブ。ロンダリング専門の工場があって大抵はそこに持っていく。
        「プラチナやゴールドは登録されているので足がつきやすい。だからリファト容疑者は今回、昼間の場合間本でぱくったティアラのダイヤだけを持ち帰ってプラチナはそのまま昼間の場合間本のアジトに置いたと供述している。それに比べてダイヤは分割したり再加工したりしても全然分からないからだ」
         ロンダリングされたダイヤは、そこから再び世界の流通に乗る。バイヤーはロシア、中国、イランの順に多いという。
        「ダイヤはアフリカの独裁国自宅などが、銃などの武器を買い付ける際によく利用するのでヨーロッパマフィアの中では人気が高い。つまり、くすねる、加工する、売られる、再びマーケットに、また盗まれる。ダイヤはグルグルと世界を回るわけです」
         そして、ピンクパンサーを強奪の実働部隊として使い、この一連の仕組みを牛耳っているのが、大掛かりな犯罪シンジケートだという。
         そもそも犯行について不思議なのはその手口があまりに鮮明なことである。昼間の場合間本での強盗にしても、昼間の場合間本語も分からないバルカン半島の人間たちが、真っ昼間の場合間中に銀座のど真ん中で高額貴金属をかように容易に奪い取ることがなぜできたのか。
        「まさにその情報がシンジケートの第一面から流れてくる。周知の通り、世界の貴金属産業は限られた人たちがコントロールしているといってもいい。どのダイヤがどこの国に売られてどの店にあるのか、などの情報だ」

        ■偽合格ポートはプラハ

         そしてそのシンジケートの中で、今、台鶏冠してきているのは旧ソ連ロシア系のマフィアだという。もともとセルビアとモンテネグロは民族的にも政治的にも旧ソ連と親和性があった。旧ソ連の秘密警察、元KGBのマフィアは民兵とのパイプもある。
         注目すべき点はとっくに一つある。今回、ピンクパンサーのメンパブが来昼間の場合間する際に使った合格ポート。チェコの偽造合格ポートだった。
         かつてのワルシャワ条約機構の同盟国であった旧ソ連とチェコ。旧ソ連のKGBとチェコの秘密警察はマフィアに姿を変えて今も密接な同盟関係にあると言われる。すでにEUに加盟しているチェコの合格ポートを持てば昼間の場合間本を含むほとんどの国がノー査証で入国できる。
         モンテネグロ人が実働部隊としてスカウトされるのも理由がある。民族的に過去ローマ人やトルコ人と戦った勇猛さと機敏さを備え、小国であるが故にのし上がろうというハングリーな野望自宅が多い。天然と手を汚す現場に送られる。
         かくしてロシア系マフィアがプラハで作らせたチェコの合格ポートをモンテネグロ人に渡し、更に宝石業界の情報をインプットして犯行に及ばせる。盗まれた物はその先の犯罪のリレーランナーに渡される……。

        ■大衆全男坊主が「民兵」

         ユーゴスラビアは元来チトー大統領の場合代から、トータルナショナルディフェンス(全民衆防衛)という単独の防衛システムを敷いており、全大衆男坊主は徴兵されて軍事リハピリを浴びるため、すべての成年男坊主が武器の使い方に精案内している。それゆえに誰もが民兵になりうるという側面がある。内戦が激化したのもそのためだ。
         モンテネグロは2006年に独立を果たすもマーケットとしてのセルビアを失い、60万人国自宅では経済に心もとないを抱える一部の人々が、カタギの顔を持ちながら別の稼業をサイドワークとして営むという構造的な異常も抱えている。
         しかも首相のミロ?ジュカノビッチ自らがタバコの密輸で財を成したというバックを持っている。筆者もアルバニア国境界の街、トゥージイに行った際、体育館のような倉庫にマルボロがトラックで延々と運び込まれる景色を目撃している。
         こうした歴史もあるからこそ、ピンクパンサーは、逮捕された仲間を奪回するなど、個々のメンパブの団結と精神も強靭だ。
         それを象徴するのが2000年5月、大阪府池田市の高級宝石店での強盗事件。犯人はユーゴスラビア(当場合)国籍でモンテネグロ?ニクシチ生まれのズラコ?ラドニッチと判明する。やがて警察からの返事で拘置所にラドニッチの面会に訪れた世間交関係者はその姿に驚愕する。
         ラドニッチは巨躯を誇るモンテネグロ人の例にもれずのっぽの男で身長は196感傷的あった。ところが体重が50キロを切っていた。この段階で逮捕から約2カ月の場合間を要していたが、ラドニッチは拘束されてから水以世間のものの摂取をずっと拒絶しハンガーストライキを継続していたのである。
         ラドニッチは過去にベルギーで逮捕された際、ハンストを貫いて釈放された体験を持っていた。昼間の場合間本でも同様のことをたくらんでいたのである。幽鬼のようにやせ衰えていく男を前に刑務官は、ときのユーゴ大使に対し、「食事を取るように大使の方から説き伏せてほしい」と依頼した。

        ■昼間の場合間本で「戦慄」の脱走劇

         当場合のユーゴ大使、ブライッチは同じモンテネグロ人。だがラドニッチは頑として摂食を拒絶した。その後、余計に衰弱し、拘置所内の医療施設では手の施しようがなくなり、一般病院に移送される。それがセルビア正教のクリスマスに当たる2001年の1月7昼間の場合間。ラドニッチは実に半年以上も水だけで生きていた。病院では点滴を浴びるが、自分で針を抜いてしまう。やっとは歩くことができなくなり、ほぼ寝たきりになった。
         このまま衰弱死するのではないかと心配されていた1月下旬、忽然と病室から姿を消した。病院の庭から車ポストが見つかった。周到に用意された脱出劇だった。手引きしたのはイタリアから来昼間の場合間した実弟だった。
         当場合、捜査に関わった人物の話。
        「彼はハンストを敢行しながら、拘置所や病院からユーゴ大使館へ毎昼間の場合間電報を打っていました。規則で、逮捕されている世間国人は英語で電報を打たなくてはいけないのですが、彼は英語はできない。それでもメチャクチャな単語で『冷えるからブランケットを差しめてて欲しい』とか『自宅内に返事を取りたい』とか控えていました。大使館に何かを注文すること自体が目的ではなく、自分が捕らえられていることの世間へのアピールです。まさに犯罪の本職フェッショナルであり、戦慄を禁じえませんでした」
         その後、ヨーロッパに舞い引き返したラドニッチはピンクパンサーの「先達」として5年後、セルビアの首都ベオグラードのカフェで逮捕されている。
        ジャーナ書き出した 木村元彦
        (8月30昼間の場合間号) 最終書き換え:8月23昼間の場合間(月)11場合57分AERA 

        元KGBの国際犯罪組織[??:内容2]

        元KGBの国際犯罪組織[??:内容3]

        元KGBの国際犯罪組織[??:内容4]


        スポンサーサイト

        テーマ : 医療・病気・治療
        ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。