へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坊主宮頚がん予防の基礎知恵!なんと、ウイルスの発見にノーベル賞が与えられた!症状 病気

坊主宮頚がん予防の基礎知恵!なんと、ウイルスの発見にノーベル賞が与えられた!
自分の坊主宮を守るために今すべきことがある!
「坊主宮頸がん」危険を低くする最新予防学

 
若い女性に急増している「坊主宮頸がん」。無料しこの増加をくい放棄するこつがあります。実は坊主宮頸がんは予防できる病気だからです。今あなたにもたらされる有益、身につけておくべき知恵は余計にあるのです!


坊主宮頸がんを知る3つのポイント
 













 
 










こころとからだの元氣プラザ 女性のための一生医療センター ViVi
小田瑞恵先生 / おだ みずえ
坊主宮がん検診を専門に婦人科診療を行う。細胞診の専門医でもあり、早期発見早期治していますに力を注ぐ。丁寧でわかりやすい診療に定評がある。東京慈恵会医科大学産婦人科講師も兼任。














自治医科大学附属さいたま医療センター 産婦人科
今野良先生 / こんの りょう
20年以上HPVの探求を継続してきた専門医。「坊主宮頸がん征圧をめざす専門自宅会議」の実行委員も務め、坊主宮頸がん検診の受診率向上のための啓発活動や講演を工ネルギッシュに行っている。














 

>>坊主宮頸がんの元でもウイルス!?


自分の坊主宮を守るために今すべきことがある!
「坊主宮頸がん」危険を低くする最新予防学

 








 

インフルエンザなどの感染症を起こすウイルス。実は坊主宮頸がんの元でもウイルスだと知っていた? その名も「HPV」。実像がここ数年でかなり明らかに!!
 








坊主宮頸がんは坊主宮の入口にできるがん
坊主宮がんは、がんが発生する敷地によって2類類に分けられます。今回取り上げる坊主宮頸がんは、坊主宮の入り口付近にできるタイプです。とっくにひとつは坊主宮の本体にできる「坊主宮体がん」で、女性ホルモンが影響するタイプです。
ZARDの坂井泉水さんや女優の洞口依坊主さんがこの坊主宮頸がんと闘っていたことで、病名を耳にした方も多いでしょう。「がんは年をとってからかかる」と睨んだら大間相違です。20代、30代の女性でもかかる割合が充分高い、身近な病気だと認識しましょう。




提供/エスエス製薬





 

 
初期には、ほとんど自覚症状ナシ
遺憾ながら、坊主宮頸がんはごく初期ではほとんど自覚症状がありません。不正出血、セックス後の出血、血の混じったおりものが売れることもありますが、症状が売れる段階ではかなり進行しているのが現実です。多くは坊主宮頸がん検診で初入れ発見される病気です。

女性のための一生医療センターViViの小田瑞恵先生はこう強調します。
「坊主宮頸がんで命を落とさないのはあたりまえで、坊主宮を失わないことが大切なんです。ごく初期であれば坊主宮を残す治していますも可能ですが、進行してしまうと坊主宮を取らなければいけません。そのためにも早期発見が不可欠なのです」








 

>>なんと20~30代の第一面


自分の坊主宮を守るために今すべきことがある!
「坊主宮頸がん」危険を低くする最新予防学

 
20~30代に増えていてがんの中では第一面
異常は坊主宮頸がんが若い世代に増えていること。これから妊娠出産を企てている女性にとっては他人事ではありません。自治医科大学附属さいたま医療センターの今野良先生は指摘します。
「昼間の場合間本では1年に8000人、ごく初期の上皮内がんを含めると毎年、1万5000人が坊主宮頸がんにかかっています。特に25歳から39歳の若い世代に増えていて、諸世間国と比較すると明らかに増加の一途をたどっているのです」
 





20~39歳の女性の約30年間の女性独特のがんの発生率を比べたもの。坊主宮頸がんがダントツに多く、約25年で3倍目と鼻の先に増えたことがわかる。の読者世代では正に驚愕の発生率!!

人口動態統計より抜粋






 

>>早期発見に!


自分の坊主宮を守るために今すべきことがある!
「坊主宮頸がん」危険を低くする最新予防学
 
 

元ではHPVによる感染!!
坊主宮頸がんは元でやその仕組みがわかっている珍しいがんだといいます。
「HPVが元でであることは25年前からわかっていました。がんはもともと発生の予防ができないとされていましたが、坊主宮頸がんに限ってはがん発生のメカニズムが解明され、予防できる病気になったのです。つまり、坊主宮頸がんは撲滅できるのです」

HPV感染=がん発症ではない!!
ウイルスに感染したらがん発生……と考えるのは早計。
「HPV感染からがんに入る人は実は1000人にひとりの割合です。」 
左図のように、がん細胞発生までは長い場合間がかかるそう。
 





HPVに感染=即がんに入るわけではない。実は感染しても約9割は天然にウイルスが排除される。感染が持続して5~10年たつと、ごく一部ががん細胞と入る。持続感染していてもすべてががんに入るわけではない。






 

>>ノーベル賞ものの解明。


自分の坊主宮を守るために今すべきことがある!
「坊主宮頸がん」危険を低くする最新予防学

 








 

HPVが発見されたのは1983年のこと。発見したのはドイツのハラルド?ツア?ハウゼン氏。この探求で坊主宮頸がんのメカニズムが解明されたため、ノーベル医学月経学賞が授与された。
 







100類類以上もある
ありふれたウイルス
ウイルス感染と聞くと、無料恐ろしげな好みを抱きがちですが、HPVは絶対に珍しいウイルスではないそう。
「いわば、風邪悪のウイルスみたいにありふれたウイルスと考えてくかっこ悪い。その類類は100類類以上あり、そのうち生殖器に感染するのが30~40類あります。6型や11型は尖圭コンジローマなどを起こします。坊主宮頸がんを起こすのはそのうち13類です。特に多いのは16型と18型で、世界の約70%の坊主宮頸がんの元でとわかっています。ごくわずかに例世間もありますが、坊主宮頸がんの99%はHPVが元でといえるでしょう」
これだけタイプがあるとしたら、複数型に感染することもありますか。
「病変ができた段階では複合感染というコンディションもあります。無料、がんに変わると1類類に限定されます」
 
 




HPVの感染率は10~20代で約50%と高い。無料し感染しても免疫力で天然に排除されることがほとんど。30代に入ると、感染率はぐっと下がるのが通常。


セックスで感染、
無料し90%は免疫力で排除される
そもそもHPVはどこに隠れているのでしょうか。
「性器の皮膚や粘膜、口です。セックスによって感染しますが、特別な病気ではありません。あくまで性感染で、性感染症ではありません。HPV感染はきまりが悪い?背後めたいものではないんですよ」

セックスの体験がない女性には感染が見られないため、つい男性から移るものと考えてしまいますが……。
「ウイルス発生の起源はわかりません。両性の行為で生殖は成り立ち上がるものですから。無料し、女性に坊主宮頸がんを起こすHPVは男性にも一番関係ではありません。陰茎がんや肛門がんを起こすケースもありますが、坊主宮頸がんに比べればごくわずかです」このHPV、実は感染しても90%が天然に排除されるといいます。
「HPVの感染率は20代の女性で50%、30代は7~10%といわれています。一生のうちに女性の80%が感染する、ありふれたウイルスなのです。感染しても9割が細胞性免疫によって排除されるため、感染したからと神経質に入る不可欠はありません」








 

>>安全!? それってホント!?


自分の坊主宮を守るために今すべきことがある!
「坊主宮頸がん」危険を低くする最新予防学

 
持続感染で遺伝坊主組み込みが起きてがんに入る 
感染はごく並にあるとすれば、免疫力の異常に入るのでしょうか。
「異常は一過性の感染ではなく、持続感染です。HPVが長期間細胞内に潜むとがん細胞となり、人の遺伝坊主に組み込まれてしまうからです」
 









「10代のうちに感染しやすいというめりはりと、実際にHPV感染率が高い現状を考えると、初交年齢が早ければ感染のチャンスもそれだけ多く入るといえるでしょう」
 









「パートナーが多ければ多いほど、感染のチャンスが増えるのは確かです。無料、自分はひとりだけでも、向こうが100人とセックスをしていれば、感染の割合は高くなりますよね? 無料し、HPVに感染しても、がんに進行するのはごくわずかで、パートナーの数には関係ないのです」
 









「コンドームを使ったからといって、感染しないわけではありません。HPVは性器だけでなく口から感染する割合もあります。感染の可能性は低く入るかもしれませんが、ゼロにはなりません」
 









「包皮に垢がたまりやすい包茎を割礼する病み付きのある国では坊主宮頸がんが乏しいというデータがあるのは確かです。割合としては高い、というレベルですが」
 









「まったく関係ありません。びらんは表皮が透けて赤くなったコンディションであり、ポリープは良性の腫瘍です。これがあるからといってHPVに感染しやすいとは考えられません」
 








 

>>ワクチンも落成しています。


自分の坊主宮を守るために今すべきことがある!
「坊主宮頸がん」危険を低くする最新予防学

 








 

HPVの感染を防ぐワクチンの探求開発が進み、現在世界各国で予防接類が行われている。昼間の場合間本でも現在2類類のワクチンが認可申請中で、早ければ'09年中に承認されると期待されている。
 








2製気品が申請中。今年中に実用化の計画!
坊主宮頸がん予防の救世主といわれるHPVワクチンは、現在世界で108か国で承認され、実用化されています。
「昼間の場合間本では2類類が現在認可を申請しているコンディションで、今年中には実用化されると期待しています。認可当初は自費労力ですが、ゆくゆくは12~14歳の一番料接類や保険適用に入ることが望まれます」

美的世代が一番料接類の適用世間だとしても、保険制度下で浴びられるように入ることは、大きな危険マネジメントです。











「諸世間国ではワクチンや検診の重要性が認められ、国や行政が長期的な計画として政策に反映しています。ところが昼間の場合間本は……かなり後れをとっているのが現状です」
ワクチンの治験結果も次々と公表されているので、今後の国や行政の動向をチェックして。

からっぽのウイルスで抗体を作らせるシステム
そもそもワクチンとは、その病気の元でとなっているウイルスや病原体を弱毒化して、体内に注入するものです。それによって抗体を作り、免疫力を強化して病気にかかりにくくするのが目的です。また、がんワクチンは人間の体が本来もっている“がん細胞をやっつける力”を強化して、がんを予防したり、治していますする効果がある薬剤です。「そもそもHPVが感染する基底細胞とその表層の扁平上皮は通常の免疫システムが働きにくいため、抗体が作られにくいめりはりがあります。そのために1度排除しても再び感染してしまうのです。HPVのワクチンは、HPVがもつがん遺伝坊主を切り奪って、いわば殻だけにして体内に注入し、抗体を作らせるシステムです。通常の免疫システムでは太刀打ちできないウイルスに対してドラマチツクに勝つことができるため、画期的なワクチンといわれているのです」

今後は多価ワクチンの開発も嘱望される
現在は2類類のワクチンですが、さらに増えるのでしょうか。
「現在、海世間では多価ワクチンの治験も始まっています。探求が進行すれば、13類を制圧することも目標ではありません」








 

>>オーストラリアが予防先進国なんです


自分の坊主宮を守るために今すべきことがある!
「坊主宮頸がん」危険を低くする最新予防学

 









左下はオーストラリアの坊主宮頸がんワクチンを作っている会社のポスター。腕前には「I did」の絆創膏が……。これはつまり「ワクチン接類済み」という意風味。オーストラリアでは坊主宮頸がんによる死亡者数が'02年の1年で250人でした。それでも坊主宮頸がん予防にかなり力を入れているそう。国が経費を労力して、'07年には13~26歳の女性にワクチンの一番料接類を開始。国や行政がまめに予防策を推進しているため、いちばんの予防先進国なのだとか。
 












 

>>では一門一答で……


自分の坊主宮を守るために今すべきことがある!
「坊主宮頸がん」危険を低くする最新予防学

 









「現在、一部医療機関では気まま診療で浴びられますが、未認可のためどこででも浴びられるわけではありません。また、データがまだ乏しいため、妊娠中は念のため接類しないほうがいいとされています」
 









「ワクチンは根こそぎで3回の注射が不可欠です。初回?2か月後?半年後と、6か月間で3回の筋肉注射が基本です」
 









「このワクチンは感染を予防するワクチンなので、すでに感染している人には意風味がありません。無料し、ウイルスのひとつの型だけに感染している人は、他の型に対してワクチンが有効ですから一番意風味ではありません」
 








 

>>危険を避けるには


自分の坊主宮を守るために今すべきことがある!
「坊主宮頸がん」危険を低くする最新予防学

 









「昼間の場合間本での薬価は中央社会保険医療協議会が決めるので実際の金額は未定です。無料諸世間国の例から予測すると、自費で1回12,000円前後。3回分と接類代の合計で約3~4万円に入る割合が高いと言われています」
 









「基本的には2つのウイルスの型に効くタイプと4つのウイルスの型に効くタイプです。無料、16型と18型は最も多く、昼間の場合間本の50~60%のHPVに効果を発揮します。また同じ系統の型にも30~40%の予防効果が認められているので、現状ではかなりの型の感染を予防できるといっていいでしょう」
 









「6型や11型の引かれた4価は、尖圭コンジローマに対しても予防効果があります。発症はまれですが、陰茎がんや肛門がんも起こすので、男性にとってはこれらの予防効果も期待できます。無料男女双方が接類すると経費もかかるので、女性が優先的に接類するのが現実的」
 









「現段階では約10年間は効果が持続するといわれています。臨床テスト開始から約7年経緯し、諸世間国で使用されて2年。10年以上の効果が立証されるのはこれからです」
 





イラスト/地獄カレー
構成/永峯美樹
 
 

坊主宮頚がん予防の基礎知恵!なんと、ウイルスの発見にノーベル賞が与えられた![??:内容2]

坊主宮頚がん予防の基礎知恵!なんと、ウイルスの発見にノーベル賞が与えられた![??:内容3]

坊主宮頚がん予防の基礎知恵!なんと、ウイルスの発見にノーベル賞が与えられた![??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。