へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開墾暮らし 漫画自宅守村さんが白河移民した5年目症状 病気

開墾暮らし 漫画自宅守村さんが白河移民した5年目「あいしてる」などで知られる人気漫画自宅の守村大(しん)さん(51)が東京から福島県白河市の里山に移民したし、開墾生活を送っている。古里の秋田県上小阿仁村から上京して以来、約30年ぶりの東北での生活。自給自足を希望す生活の表情は、週刊漫画誌に連載中だ。守村さんは「天然が無落ち届く。この環境界から、しっかりした作気品を残したい」と伝えている。

 守村さんが白河市に移民したしたのは2006年初め。20歳で漫画自宅デビューを果たし、主要誌で連載を継続してきたが、都会生活にはずっとなじめなかった。「締め切りに追われる生活にも区切りを付けたかった。天然の中で暮らそうと、10年くらい移民した先を探していた」と語る。
 初めは瀬戸内の島や九州を考えていたが、「根が東北人なので何かが異なる。昼間の場合間差しの中でとろけてしまうと痛感した」。出版社との返事を考え、東北で、かつ東京に近い福島県に適地を探した。
 キャンピングカーで県内を回り、見つけたのが白河市郊世間の山林約4万平方メートル。3年間、執筆を休み、開墾に明け暮れた。繁茂する竹や下草を刈り払い、重機で斜面を平地に変え、独力でログハウスを建てた。「80キロ以上あった体重が58キロまで落ちた」と回想する。
 水は井戸、野菜は畑、暖房は山の雑木で賄う。鶏も飼育し卵を確保している。食い扶持は自宅内と2人で月2万円以内を目指す。
 昨年秋、久々の作気品に入る「新白河原人」の連載を「週刊モーニング」(講談社)で始めた。見隔たりで週2ページ。イラストと800字の文で奮闘ぶりをつづる。
 「不景気や地球温暖化、食糧異常…。社会に心もとない感を抱く人は多いと思う。でも楽しく生きる道はあるはず。等身大で追求したい」と守村さん。「新白河原人」については「読んだ人が幸せに感じなければ、ぼくの負け」と言い切る。
 これまで「万歳ハイウェイ」「あいしてる」などの作気品を公表してきたが、「まくもなモノを描いてこなかった。正直忘れてほしい」と自作に厳格。現在は、帆掛け船場合代の捕鯨をめぐる少年の冒険物語や、都会から地方に移民したする親坊主のドラマなどの構想をノートに書きた入れいる。
 守村さんは「体も心もここ数十年で最も機嫌がいい。漫画自宅としての力をすべて注ぎ、胸を張れる作気品を1冊でもいいから残したい」と伝えている。

開墾暮らし 漫画自宅守村さんが白河移民した5年目[??:内容2]

開墾暮らし 漫画自宅守村さんが白河移民した5年目[??:内容3]

開墾暮らし 漫画自宅守村さんが白河移民した5年目[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。