へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿でっかいくちばしで攻撃=の一類、化石分析―600万年前、南米に生息症状 病気

馬鹿でっかいくちばしで攻撃=の一類、化石分析―600万年前、南米に生息南米アルゼンチンの約600万年前の地層から発見された「恐鳥」の一類の鶏冠骨化石を丁寧に分析したところ、馬鹿でっかいくちばしをおののように振り下ろし、獲物を捕らえていた割合が高いことが分かった。同国のラプラタ大付属博物館や米オハイオ大などの国際探求チームが22昼間の時間までに米オンライン科学誌本職ス?ワンに公表した。
 恐鳥は、恐竜絶滅後に出現した飛べない大きな鳥。約6000万年前から約200万年前まで主に南米大陸に生息した。化石が見つかった「アンダルガロルニス」は中型で、体の高さが1.4メートル、体重が40キロと推定され、鶏冠骨の長さが37感傷的。
 くちばしは側面から見ると巨大だが、上から見ると幅が狭い。一番上はワシのような鋭敏なかぎ形となっている。鶏冠骨をコンピューター断層撮影装置(CT)で探ると、ワシなどに比べてたいそう丈夫な構造だった。一方、かむ力は比較的弱く、獲物に突進してはくちばしを振り下ろすことを繰り返し、餌食にしていたと考えられるという。 


? 海抜250メートルに地球最古の恐竜が出現
? 5歳児連れてアメリカ横断割り知ってブ~渋滞知らずで6400キロ~
? 特集?恐竜図鑑~初期鳥類、活躍して飛べず~
? 〔写真特集〕六本木上空の恐竜ミュージアム
? 〔写真特集〕生命の歴史 太古の生物

馬鹿でっかいくちばしで攻撃=の一類、化石分析―600万年前、南米に生息[??:内容2]

馬鹿でっかいくちばしで攻撃=の一類、化石分析―600万年前、南米に生息[??:内容3]

馬鹿でっかいくちばしで攻撃=の一類、化石分析―600万年前、南米に生息[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。