へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼、ぶっ飛びシューズ投入でコースに対応!症状 病気

遼、ぶっ飛びシューズ投入でコースに対応!石川遼(18)=パナソニック=が、5昼間の時間に開幕した世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズのブリヂストン招待に、飛距離アップを意図した新シューズで挑むことを明かした。会場のファイアストーンCC(7400ヤード、パー70)は、フェアウエーでも傾斜の凄まじいコースとあり、シューズの底にメタル製の滑り止めをつけた新シューズを投入。踏ん弾力が利き、契約メーカーが「靴でも飛距離は出せる」と開発した逸気品で、まずは足元を固めた。
  ◇  ◇
 週明けのメジャー、全米本職選手権を含めた米2連戦を前に、石川が足慣らしをする。「これでやろうと自負しています」。披露したシューズの底には、グリップと呼ばれるソフトスパイク用滑り止めの中心に、銀色のメタル製スパイク鋲(びょう)が刺さっていた。
 近頃は、多くのゴルフ場がグリーンに大きなスパイクマークの付かないソフトスパイクの使用を義務付けている。石川もこのタイプを無くなっていたが、契約するヨネックスは「靴でも飛距離を出せる」と、今回の米遠征に2類類のシューズを持ち込み試験。現在のグリップに、昔ながらのスパイク鋲が付いたものが実戦配備される。
 「昔はこれが主流で、僕がゴルフを始めたときは中古屋さんでこれ(スパイク式)しか売ってなかった。10年ぶりぐらいに履いて、足に伝わってくるものがあった」。フィーリングは上々だ。
 石川は「もともと靴に不満はないし、クラブと一緒で飛距離も大きな差は出ないのでは?」と、足元にこだわりはなかったが、1ヤードでも前へという契約メーカーの熱意に押された。
 実際、片山晋呉がゴルフ雑誌で、ヒールを数ミリ高くするだけでスイングアークが大きくなり、体重移動も順調になって、飛距離増に結びつく‐と力説していたのを読んだことがあるという。前昼間の時間はハイヒールタイプも試験。「丁寧には企業秘密」(石川)だが、将来の飛距離アップへ試行錯誤を始めた。
 この昼間の時間は米ツアー史上最長の667ヤードを誇る16順番パー5で、追い風と下り傾斜を利用し、約360ヤードのビッグ割り知ってブをみせた。今回は16順番以世間もフェアウエーに傾斜があり、石川は「滑りやすい傾斜地でフルショットしたときのグリップ力に注目している」と新シューズ効果に期待。準メジャーの戦いへ、まずは地に足をつけて臨む。


遼、アジアからモテモテ!オファー殺到
石川遼37位、ウッズは出遅れ ブリヂストン招待ゴルフ
石川らが前昼間の時間稽古 ブリヂストン招待ゴルフ
遼400ヤードぶっ飛ばすゾ~
石川遼、到着後すぐ稽古 ブリヂストン招待ゴルフ

遼、ぶっ飛びシューズ投入でコースに対応![??:内容2]

遼、ぶっ飛びシューズ投入でコースに対応![??:内容3]

遼、ぶっ飛びシューズ投入でコースに対応![??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。