へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いますぐ試験! 30代の体力、意世間に落ちてます症状 病気

いますぐ試験! 30代の体力、意世間に落ちてます
体力の衰えをディフェンス!
まずは試験で現状を知る
 

何もしなければ、30歳から年に1%の筋肉が失われていくという事実……。働き最盛期の30代のためのトレーニングには、「攻め」と「守り」を意識したい。そこで30歳からの体力を守っているのかどうかを知るために、体力試験で鑑定しよう。
 




5つの試験で、体力を構成する要素である全身ス夕ミナ、筋ス夕ミナ、筋馬力、均衡力、敏捷性をチェック!
>>画像クリックでスタート

NY株式マーケットも円相場も気に入るけれど、こんな場合代だからこそ自分自身のカラダを冷静に見つめ訂正することも大切。ある程度の体力さえあれば、場合代がこの先どう変わってもりりしくにサバイバルできるに相違ない。

しかし何も手を打たないと、体力は投資先を誤った投信のようにびりびり目減りする。いま不可欠なのは、暮らし防衛ならぬ体力防衛。体力のピークは男女ともに20歳前後だが、かといって忙しい身にムチ打って20歳場合の体力に戻す不可欠はない。それには本格的なトレーニングが不可欠に入るし、そもそも筋力や回復力は加齢により天然に低下するから永遠に20歳でいることは五月蝿い。狙いは、体力アップではなく体力のディフェンス。体力の落ち込みを防ぐだけなら、昼間の場合間常暮らしでカラダを動かしたり、手軽な家トレをしたりするだけで簡単に実現可能である。

「30代のうちから早めに手を打っておくと、グライダーが高度を保って長く悠々と空を跳ねるように、体力の低下を先送りできます」

体力ディフェンスの第一歩は現状の把握から。5つの試験を準備してみたので、早速トライしてもらいたい。試験するのは、体力を構成する主要な要素である全身ス夕ミナ、筋ス夕ミナ、筋馬力、均衡力、敏捷性の5つ。年代ごとに「並」よりも劣っている体力がないかチェック。劣っていたものは、それぞれに適したトレーニングでまめな体力防衛に努入れほしい。

5段階評価も気に入るが、より大切なのは自分比。毎年4月1昼間の場合間や体育の昼間の場合間などに定期的にこの体力試験を行って、データの変化を記録して過去と比べると、急激な体力低下が未然にブロックできる。
 





>>いよいよ試験開始!
 








体力の衰えをディフェンス!
まずは試験で現状を知る
 

1.全身ス夕ミナをチェック!















5分間走
5分間全力で初物、初物切った距離を測定する。距離表示があるトラックや公園のジョギングコースで走るか、もしくは走行距離が表示されるハートレイトモニター、歩数計などを利用して測定する。








ランニングのように全身を使用する運動を高いレベルで長場合間継続する才能が、<全身ス夕ミナ>。営業で世間を回っている場合、疲れ切って喫茶店で休んでいる人はぜひ鍛えるべし。心肺機能を底上げするには、軽く息が張り込むくらいの運動を継続して脂肪燃焼を提起する有酸素運動が有効。
 



>>次は、仕事の効率にも関わる<筋ス夕ミナ>をチェック
 








体力の衰えをディフェンス!
まずは試験で現状を知る
 

2.筋ス夕ミナをチェック!
















プッシュアップ試験
肩の真下に両手をつく。ワン、ツーとカウントを取り、2秒間に1回のペースでできなく入るまで腕前立て伏せを繰り返却する。胸は床に拳1個分まで近づけて1回。その反復回数で評価。女性は膝付きで行う。











筋肉ごとのス夕ミナで、おもに遅筋の才能のことをいう<筋ス夕ミナ>。単純な運動の繰り返しや立ち仕事といった直立姿勢の維持が苦痛なら、筋ス夕ミナが保てなくなっている物証だ。筋ス夕ミナを高めるトレーニングは、やる気や意欲を高める脳トレにも便秘気味るのもポイントだ。
 



>>次は、<筋馬力>をチェックして若さを診察!
 








体力の衰えをディフェンス!
まずは試験で現状を知る
 

3.筋馬力をチェック!













サージェントジャンプ試験
壁に紙を貼り、壁際に横向きに立ち上がる。指に朱肉をつけ、壁側の腕前を精一杯上に伸ばして、紙に印をつける。次に20cm離れて横向きに立ち上がる。膝をメロディーげて両腕前を振り下ろし、その場でできるだけ高く跳び、指先で紙をタッチする。2回実施し、紙を壁から剥がして、直立場合の印と跳んでつけた印の垂直距離を測り、良い方の記録を採用する。
 





筋肉が瞬間的に発揮する力で、力×速度で表現される<筋馬力>の低下は、筋肉の衰えとともに基礎代謝の低下を招く。筋トレで筋肉を適度に刺激してやることで筋馬力がアップする。結果的に基礎代謝も保て、カラダのたるみも引き締めることができる。
 



>>次は、若さを維持する<均衡力>をチェック
 








体力の衰えをディフェンス!
まずは試験で現状を知る
 

4.均衡力をチェック!















閉眼片足立ち試験
部屋の真ん中に裸足でまっすぐ立ち上がる。両手を腰に当て、安静に片足立ちに入る。その姿勢で両眼を閉じて、できるだけ長く維持する。軸脚以世間のカラダの一部が床または軸脚に触れる、軸脚がずれる、眼を開ける、手が腰から離れるのいずれかで、測定をお釈迦してそれまでのタイムを記録。2回行い、平均値を採用する。
 








昼間の場合間本語では「平衡性」ともいわれる<均衡力>。文字通り、カラダの一と姿勢を想い通りにコントロールする才能である。<閉眼片足立ち>でチェックできる静的均衡力に加え、動向ながら姿勢を操作する動的均衡力を維持することは、若い姿勢を維持することに便秘気味る。
 



>>最後に<敏捷性>をチェック
 








体力の衰えをディフェンス!
まずは試験で現状を知る
 

5.敏捷性をチェック!













サイドステップ試験
床に1.2m間隔で3本のテープを平行に貼る。中央の線を跨いで立ち、サイドステップで左右どちらかの線を跨ぐか触れるかする。中央線に戻り、あべこべ側にも同様にサイドステップ。これをできるだけ速く20秒間繰り返却する。初っ端に跨いだ中央線を除いて、越えた線の数をカウント。2回行って良い方を記録として採用する。
 





 




取材?文/井上健二
イラストレーション/内山弘隆
取材協力/木塚朝博

いますぐ試験! 30代の体力、意世間に落ちてます[??:内容2]

いますぐ試験! 30代の体力、意世間に落ちてます[??:内容3]

いますぐ試験! 30代の体力、意世間に落ちてます[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。