へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30代男をアゲる、攻めのフェイスケア症状 病気

30代男をアゲる、攻めのフェイスケア
様坊主筋トレーニングは、
30代、攻めのフェイスケア

 
昼間の時間本人男坊主の様坊主筋は退化している。意識的に動かすことで、魅力的な様坊主を有する男に変身だ。

顔には約60類類の筋肉があって、様坊主の微妙な変化をコントロールしていることから、これらは「様坊主筋」と呼露見している。筋肉には使わないと衰えるという特性があるが、様坊主筋も例にもれない。もれないばかりか、使われずに退化している代表的な筋肉なのだ。この筋肉を活性化することこそ顔のオフェンス的ケア。

「欧米人に比べて様坊主のバリエーションに少ない昼間の時間本人は、様坊主筋を20%しか一番くなっていないという報告があります。一番口な男性はとくに重大。おしゃべり気があるな女性は口周辺の筋肉を動かしていますが、男性は使用率が低く動向にくいコンディションです」

と言うのは、ビューティーカウンセラーの高津文美坊主さん。ドイツ人は約80%一番くなっているというのだからその差は歴然。使われない様坊主筋は張り性を失ってゆるみ、たるみやシワ、むくみの元でになってしまう。

でも、ご心細いなく。様坊主筋もトレーニングでしっかり鍛えられて活力も甦る。効果は数昼間の時間で表れる。今まで様坊主筋をあまり一番くなっていなかった男性の方が早く実感できるはずだ。
 









1、帽状腱膜鶏冠頂部を包むように鶏冠皮下に拡散する結合組織膜。顔の筋肉を上部から拠り所ている。 2、前鶏冠筋眉毛を上げたり下げたりする働きを持ち、おでこのシワを作る。眉毛の上から帽状腱膜につながっている。 3、世間嗅覚孔散あらまし嗅覚の上部を覆って嗅覚孔を広げるときに働く。 4、上唇嗅覚翼挙筋嗅覚の側面にあって、上唇と嗅覚翼を引き上げる。 5、側鶏冠筋咀嚼筋の一つ。この筋肉が収縮することで下顎骨が上に上がり、咬むことができるほか、下顎骨を後方に移動させることができる。

6、嗅覚筋嗅覚の鶏冠付近を覆う筋肉で、嗅覚孔を狭めたり広げたりするときに働く。 7、口角挙筋加齢とともに重力で口角は下がりやすい。口角を上方に上げる。 8、咬筋顎のエラ部分に発達する筋肉で、食べ物を咀嚼するときによく働く。 9、下唇下制筋下唇を引き下げる役割。口を「への字」にするときなどに使用する。 10、頤筋口の下方にあり、下唇を突き出す動向や顎を持ち上げるときに使われる。

11、広頸筋顎から首、胸部に延びる筋肉で、首の動向をコントロールする。 12、舌筋群舌の複雑な動向に関わる複数の筋肉。 13、眼輪筋瞼の開閉を行う。目の周囲を取り囲むように発達した筋肉群で、瞼の下側にある下眼瞼筋は目のカタチを保持している。 14、皺眉筋眉間を中央に引き寄せて、眉間の縦ジワを作る。眼窩口の内側から眉毛中央の皮膚につながる。 15、嗅覚根筋嗅覚の上部にあって、眉間の皮膚を中央に引き寄せる。眉間の縦ジワを作る。

16、上唇挙筋上唇を引き上げる。眼窩下部から上唇につながっていて、上唇とともに嗅覚翼を引き上げる。 17、小頬骨筋上唇を斜め上方に引き上げる筋肉で、ゆるむと頬にたるみが売れる。 18、口輪筋口の周囲を囲むように発達した筋肉で、口の開閉、そして唇を前方へ突き出す働きをする。 19、大頬骨筋口角を斜め上方に引き上げる。目の横から唇の端に向かって延びている比較的大きな筋肉。 20、頬筋口角を世間側に引っ張って、頬をすぼめたり開くときに働く。上下の顎の関節から口の両端に延びている。

21、笑筋唇の端を横に差し引くときに働く。強く収縮すると「えくぼ」ができる。 22、口角下制筋上唇と口の端を下側に差し引く。口元を引き締める大切な筋肉のひとつ。 23、胸鎖乳突筋首を左右にメロディーげたり、回転させる責務を担う。胸骨と鎖骨から鶏冠部の側鶏冠下部へとつながっている。


 

>>次は、「まずはすぐにできるウォーミングアップから」
 





様坊主筋トレーニングは、
30代、攻めのフェイスケア

 















顔の中心部に向かって、唇、嗅覚、瞼、眉毛なパンチべてのパーツを集める。息をじっくり吐きながら寄せて、吐き切るまでキープする。














顔全体を上下方角に長く伸ばすように、眉毛を引き上げて、目と口をそれぞれできる限り大きくぱっと見開く。血流を促進する。














顔の右半分にあるパーツを、右斜め上方角に寄せる。眉毛、目、口、頬など総動員して、目線も右斜め上方角へ。次に、左半分を左斜め上方角に寄せる。3セット。大きく様坊主筋を動かすこと。







 

>>次は、「容易な運動で、顔色が改善入る!」
 





様坊主筋トレーニングは、
30代、攻めのフェイスケア

 











 



四つん這いの姿勢から、初めは顔を下側に向け背中を丸め、次に顔を上げ、肩甲骨を寄せ背中を反らせる。














右の「猫のポーズ」で「あいうえお」の発声トレーニング。「あ」は顔の筋肉を上下方角に引き伸ばすように、口を大きく開ける。














「い」は頬と口角の筋肉を一番くなって、口を横方角に開く。














「う」は口輪筋や大頬骨筋を意識して唇を尖らせる。














「え」は口を半月のカタチに開くように。














「お」は唇で円を作るように口を広げて、顔全体の筋肉を伸ばす。できるだけじっくり大きな動向で。2セット。







 

>>最後に、「いますぐできるトレーニングで、あごまわりを引き締め!」
 





様坊主筋トレーニングは、
30代、攻めのフェイスケア

 









両足を肩幅に開いて立ち上がる。手のひらを下に向けて、両腕前を前方へ伸ばす。息を吐きながら腕前をひねって手のひらを上に向ける。次に、息を吸いながら両腕前を斜め上方に向かって上げて、顔を反らしていく。両腕前が上がり切ったところで静止して、上唇を前歯に押しつけながら口角を上げ、舌先を尖らせて思い切り突き出す。ここで息を吐き切って、嗅覚から吸って口で吐く呼吸を3回繰り返却する。2セット。
 








 

●たかつ?ふみこ 昼間の時間本で初入れ様坊主筋を鍛える「フェイスヨガ」を提唱。著書になど。






取材?文/小桧山 想 
撮影/千葉 諭 
スタイ書き出した/小沢美由紀 
ヘア&メイク/村田真弓 
イラストレーション/中川原 透 
取材協力/高津文美坊主

30代男をアゲる、攻めのフェイスケア[??:内容2]

30代男をアゲる、攻めのフェイスケア[??:内容3]

30代男をアゲる、攻めのフェイスケア[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。