へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

と質問票で早期発見を-厚労省?COPD検討会症状 病気

と質問票で早期発見を-厚労省?COPD検討会厚生労働省は7月13昼間の時間、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防?早期発見に関する検討会」(座長=工藤翔二?結核予防会複十字病院院長)の集まりを開いた。この中で、スパイロメーターなど「肺年齢」を測定する医療機器とCOPD質問票を組み合発言させて早期発見に活用すべきとの認識でおおむね一致し、これらをどのように組み合わせるかなどが次回以降の検討課題に挙がった。

 肺年齢とは、1秒間に吐ける息の量(1秒量)を測定し、同性?同年代の標準に比べてどの程度かを表したもの。測定する医療機器には、主に医療機関で詳細な呼吸機能検査に用いられるスパイロメーターのほか、簡易検査用で医療機関以世間でも使用できるハイ?チェッカーがある。

 集まりで、久留米大医学部内科学第一講座教授の相澤久道委員は、肺年齢を呼吸機能の指標として用いると病人などに説明しやすいが、COPD以世間の肺の疾患だったり、肺活量が少なかったりすると1秒量が少なくなり、肺年齢が高く入るため、「肺年齢だけでCOPDかどうかを鑑定できるものではない」と指摘。肺機能に何らかの妨げがある人の可能性は、肺年齢と実年齢を比べて、肺年齢の方が5歳高い人で3割、10歳で5割、19歳で9割と説明した。

 一方、結核予防会大阪府支部支部長の小倉剛参考人は、年齢や喫煙歴、せきやたんなどの症状に関する質問項目によってCOPDのハイ危険者かどうかを鑑定するCOPD質問票について説明したが、一定の効果を認めながらも、白人を主な対象に欧米で作成された質問票を和経緯したため、身長と体重から肥満度を測定する「BMI」の数値などが昼間の時間本人に適しているかどうかは疑わしいだとした。
 その上で、質問票によってCOPDが疑われる時には、ハイ?チェッカーで肺年齢を測定するなど、質問票と肺年齢を組み合発言させて早期発見に活用すべきだとの考えを示した。

 これを踏まえ、大阪府立健康科学センター健康暮らし推進部長の中村正和委員は、どのように肺年齢と質問票を組み合わせるかのほか、早期発見した時の専門医の対応や喫煙に関する指導のあり方などを次回以降の集まりでの検討課題に挙げた。


COPD、予防?早期発見で課題―厚労省検討会が初集まり
「在宅酸素療法」中の火災で用心喚起―厚労省
「肺の暮らし病み付き病」受診率は1割未満
呼吸器科医の地域偏在解消が課題―昼間の時間本呼吸器学会調査
喫煙者、COPDの認知度低く

と質問票で早期発見を-厚労省?COPD検討会[??:内容2]

と質問票で早期発見を-厚労省?COPD検討会[??:内容3]

と質問票で早期発見を-厚労省?COPD検討会[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。